リフォームの相見積りで得られた予想外のメリット

リフォームをするなら相見積もりを取って比較・検討!というところは、もはや常識レベルの話かもしれません。でも相見積もりは、1番安いリフォーム会社を選ぶためだけのものではありません。

私は3社から相見積もりを取りましたが、自分が想像もしていなかったメリット(収穫)があったので、今回はそれをご紹介します。

リフォーム会社によって、提案内容が異なる!

これが一番大きな収穫でした。リフォームでは、1つの目的を達成するために、複数の方法(選択肢)が存在するのです。

しかし、経験の浅いリフォーム会社(担当者)だったりすると、複数の方法が存在することを知らなかったり、もしくは知っていても施工経験がないので、その方法があることをわざわざ説明しないケースがあります。

一方、複数の方法がある場合は、当然それぞれメリット・デメリットが存在します。リフォーム会社では、そのメリット・デメリットを把握した上で、最適だと思う1つの方法しか提案してこないということも多々あります。

素人にとっては、それぞれの方法にどんなメリット・デメリットがあるのかはもちろん、複数の選択肢があることすら知りませんよね?

これが複数のリフォーム会社に相見積もりをとることで、「そんな方法もあったんだ!」と自分の視野・選択肢が広がり、より暮らしやすい住まいづくりを実現することができます!

私たちのリフォームでは、いくつかその具体例があるので、ご紹介させていただきます。

具体例:リビングと和室の段差解消について

私たちが購入した中古マンションは築20年ほどで、リビングと隣接する和室が、5~6センチほど高くなっていました。段差があるということです。

初めて見学した際に、不動産営業マンに「リフォームでこの段差をなくすことは出来ないのでしょうか?」と聞くと、「リビングの床を上に上げることになるので、廊下や他の部屋の床も上げるのか?ということになりますし、床から天井までの高さが低くなるので、もったいないと思います。」という回答でした。

リフォーム会社A

一番初めに訪問見積(現地調査)をしてもらった会社です。一応、リビングと和室の段差について質問しました。

この段差を無くすには、リビングの床を和室の高さに合わせて、上に上げるしかないんでしょうか?

リフォーム会社A
そうですね。

分かりました。じゃあそのままでいいです。

リフォーム会社B

二番目に訪問見積をしてもらった会社です。私はもう、リビングと和室の段差解消については質問もしませんでした。(←これは反省点です。)

でもその後(見積書を出してもらった後)、様々な検討をする過程で、以下のようなやりとりをしました。

洋室1室を畳にリフォームできませんか?

リフォーム会社B
畳の厚さの分だけ、廊下と段差が生じてしまうので、オススメしません。

少し薄い畳で、段差を最小にするということはできませんか?

リフォーム会社B
薄畳というものを採用すれば、廊下のフローリングと同じ高さに揃えることができますが、薄畳は踏み心地が硬いので、私は正直あまりお勧めではありません。

え?薄畳ならフローリングと同じ高さになる?

じゃあ、リビングと隣接する和室の段差も解消できるっていうこと?!

と、ビックリ。大きな収穫でした。

早速、私はネットで薄畳についてのクチコミを漁り読みします。

リフォーム会社C

三番目に訪問見積をしてもらった会社です。その時はまだ私は「薄畳」を知らず、リビングと和室の段差解消については何も質問しませんでした。

後日、リフォーム会社Cの担当者にも薄畳のデメリットについて質問してみると、畳屋さんにも確認をとった上で、薄畳の特徴や評判を教えてくれました。

ついでに、リビングと隣接する和室の段差も解消したいことを相談すると、「畳の厚さが薄くなる分、今度は押入と畳との間に段差ができるので、どうせなら押入もこのように作り変えると使いやすいですよ・・・」とさらなる提案をしてくれました。

それを聞いて、それなら薄畳を使ってみる価値はあるな!と思い、思い切って押入も含めてリフォームすることに決めました。

振り返ってみて

リフォーム会社Bは、薄畳の存在を知りながらも、最初は「洋室を畳にすると、段差が生じるからおすすめしない」と言っていました。

それはおそらく、私が当初伝えていた予算のことを優先的に考えて、あまりあちこちいじらない方がいいと判断したのかな?と思います。

でも、リフォーム会社Cは、私が気がかりな薄畳について進んで調べてくれましたし、工事範囲が増えても押入の作り変えでこんなメリットがあるよ、ということまで提案してくれました。

しかし、リフォーム会社Bも、キッチンのリフォームに関しては、とてもいいアイディアを提案してくれ、それを一部採用させてもらいました。

まとめ

ということで、相見積りでは、リフォームのアイディアをたくさん集めることができます。見積りの段階ではタダですしね。

ですので、相見積もりをする際は、「1番安くリフォーム工事してくれる業者を探そう!」という気持ちばかりでいると、ある意味、損をすることになります。

安く済ませたい!という気持ちを全面に出すと、リフォーム会社の担当者も、別の選択肢があるのにそれを提案してこなくなるかもしれません。「そんな方法あるの?それならお金をかけても、そこもリフォームしたのに・・・」なんてことにならないようにしたいです。

リフォーム会社が提案してくれる、それぞれの工事方法のメリット・デメリットをしっかり理解して、自分にあった方法を選択することも大切だと思います。

  • 相見積もりは、1番安いリフォーム会社を探すためだけのものではない
  • 相見積もりは、複数のリフォーム会社から、たくさんのアイディアをもらえるチャンス
  • 相見積もりで、複数の工事方法があることを知り、自分に一番合った方法を選ぶ

とうことですね。

もし、面倒だし見積りは1社だけでいいや・・・なんて思っている方は、面倒でも是非複数のリフォーム会社に見積を依頼してみて下さい。

こちらの記事「おすすめのリフォーム見積りサイト 5選」で、ネット上で一括見積り依頼ができる便利なサイトを紹介していますが・・・

何はともあれ絶対利用しておきたいのは、ホームプロ というサイトです。

最初は、匿名でリフォーム会社探しができますし、リフォームに役立つ資料やチェックリストをもらうことができます。(詳細はこちら→リフォーム見積り前に、ホームプロの会員特典資料を入手していればよかったなと後悔・・・

リフォーム会社によって得意・不得意もあるようですし、別の角度からのアイディアや意見をもらえることは、とても大きな収穫です。是非、相見積りでよりよいリフォームを実現して下さい!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク