価格差だけじゃない!あえて浅型食洗機を選ぶ理由とは?

浅型食洗機と深型食洗機について調べているうちに、価格の安さだけではなく、あえて浅型食洗機を選ぶ価値が存在することに気が付きました。せっかくなので、このブログにまとめてみたいと思います。

※ただし、あくまでもリクシルのシエラ・アレスタ・リシェルSIの場合です。他メーカーのキッチンでは確認していませんので、予めご注意ください。

ちなみに、深型v.s.浅型の価格差については、以下の記事でまとめています。

食洗機の深型v.s.浅型 トータルの価格差はどれくらい?
システムキッチンの食洗機、意外と選択肢が多くて、どれにしようか迷いますよね… 大は小を兼ねる…で考えれば、食洗機は深型を選んでおけば間...

※↑この記事で計算した価格差は、あくまでも、私が購入した条件での話です。キッチンのシリーズや、扉のグレード、サイズ(間口)などによって異なってくると思います。

それでは、価格以外の浅型のメリットについてご紹介します!

浅型なら、食洗機下の引出しが大きいタイプも選べる

以下は、スライドストッカーの「食器洗い乾燥機用キャビネット」の一覧です。

食洗機が深型か浅型か、また扉材仕様かパネル材仕様かによって、選べるキャビネットが異なります。(以下の図では、開き戸タイプやトレーボートプランに対応しているキャビネットは省略しています。)

シエラ 食器洗い乾燥機用キャビネットの比較表

↑このピンクの部分にご注目下さい。

浅型の場合、一番下の引出しがワイドなタイプを選ぶことができるのです。

横幅のある引出しなら、大きい物、たとえばホットプレートやケース買いしたビールやミネラルウォーターを、そのまま収納することもできるので便利ですよね。

※ただし、この横幅がある引出しを選ぶことができるのは、I型なら間口240cm以上の場合になります。下の図で、間口240cmと間口225cmを見比べていただくと分かりやすいかと思います。

I型キッチン 間口225cmと間口240cmの調理台用キャビネットの比較

浅型・パネル材仕様なら、収納スペースが増える

シエラ 浅型パネル材仕様の食洗機で収納スペースが増えるキャビネット

↑次は、この図のピンクの部分にご注目下さい。

浅型食洗機のパネル材仕様の場合は、上記ピンクで囲んだいずれかのキャビネットを選んだ場合、収納スペースが増えるのです。

上記ピンクで囲んだうち、左の「スライドストッカー浅型用」の場合は、深さがある引出しになり、右の「上段引出し浅型用」の場合は、食洗機の上に引出しが付きます。

小型なキッチンの場合は特に、収納スペースを確保することも重要ですよね。

食洗機が浅型で十分間に合うのであれば、わざわざ「大は小を兼ねる」で深型食洗機を選ぶのではなく、その分を収納スペースに割り当てた方が、賢い選択だと思います。

ほか

他には、浅型の方が運転音が若干小さい、使用する水や電気代が若干少なくて済む、などもあります。

容量的に浅型でも充分間に合うようであれば、浅型を選んだ方が、省エネ&騒音も小さくて済むというメリットがあります。(若干ですが)

まとめ

以上、価格以外の浅型食洗機のメリットでした。

食洗機の深型v.s.浅型を考える時、

  • 深型と浅型の容量の違い
  • 深型と浅型の価格の違い
  • 深型と浅型の収納の違い

この3つに着目してみて下さい。

トータルのバランスで、深型か浅型か、どちらが最適か見えてくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク