4LDKマンション 寝室はどこにする?用途に応じたリフォーム計画

注文住宅を新築する場合はもちろん、マンションであっても「寝室をどこにするか?」というのは、部屋割りを考える上で結構ネックになってきます。

以前、こちらの記事「3LDK 4人家族で快適に。まずはベッドを処分!」で書いた通り、我が家では新婚時代から使っていたクイーンベッドを処分しました。

そして、畳に布団を敷いて、夫婦+子供2人で川の字になって寝る生活に。

その後購入した4LDKの中古マンションでも、「寝室はどこにする?」から始まり、各部屋の使い道を考えながら、リフォーム計画を立てました。

今回のブログ記事では、その経緯をご紹介したいと思います!

 購入した中古マンションの間取図

4ldkマンション間取り図

↑こちらが購入した中古マンションの間取図です。85平米の4LDKです。

こちらの記事「マンションの和室に布団を敷いて子供と寝る5つのデメリット」で紹介した、最近の新築マンションで多い間取りとは少し異なり、窓がある和室になっています。

たまたま角部屋なんですが、和室の窓は南側のバルコニーに面している間取りです。つまり、角部屋でなくとも和室に窓がとれる設計図です。

なので、和室に専用のエアコンも設置可能となっており、和室を寝室にしても、空調の面は問題なし。

ベッド派から布団派に転身した私たちとしては有難い限りで、新居(購入した中古マンション)でも布団で決まり!といった感じでした。

部屋割りとそれに応じたリフォーム案

中古マンションとして購入した時点で、洋室3室はじゅうたん敷きでした。

絨毯の傷み具合からすると、新築時から絨毯だったようです。(今でこそマンションはフローリングが主流ですが、昔は防音の観点からじゅうたんも珍しくなかったようです。)

ということで、各部屋の使い方の予定とリフォーム案はこちら↓マンションのリフォームと部屋割り

 部屋 Before After 当面の用途 将来的には
和室 寝室&おもちゃ部屋 夫婦寝室
洋室① 絨毯 絨毯or

フローリング

来客用寝室 3人目の子供部屋?
洋室② 絨毯 フローリング 納戸 子供部屋
洋室③ 絨毯 フローリング 納戸 子供部屋

洋室①を、なぜ絨毯orフローリングとしているかについてですが・・・

フローリングに布団を敷くと、フローリングが湿気を吸わず、布団の裏が湿気で濡れてしまうという話をよく聞きます。そして布団がカビてしまったという友人もいました。

  • その点、絨毯なら畳と同様、湿気を吸って逃す・・・という役割を担ってくれるかな?
  • でも洋室①に布団を敷くのはごくたまにだから、フローリングでも問題ないのかな?

という気持ちで、迷っていたためです。

フローリングにするよりも、絨毯の方がリフォーム価格が安いので、若干、絨毯に気持ちが揺れている・・・そんな感じでした。

リビング横の和室を寝室とする場合の懸念

しかし、我が家の場合は、以下の2点がデメリットとして残ります。

布団を敷く前に、おもちゃを片付けなければならない

子供たちが小さい間は、リビング横の和室におもちゃや絵本も置いておく予定です。

日中は子供の遊び部屋、夜は家族の寝室というわけです。

そうなると、必ずおもちゃを片付けてからでないと、布団を敷くことが出来ません。

子供たちがスムーズに片づけをしてくれる時はいいのですが、必ずそうとは限りません。

興奮してなかなか遊びを止められないとき、疲れて眠くてグズグズしているとき・・・

そういう時に、私が怒り、結局私1人で片付ける絵が浮かんできます。

お昼寝しなかった時、体調が悪い時など、何はともあれ子供を寝かせよう!という時に、その和室が散らかっていたら面倒だなぁ・・・というのが1番大きな懸念事項です。

遅くまで起きている夫が、気を遣う

これは、この記事「マンションの和室に布団を敷いて子供と寝る5つのデメリット」にも書いた通りです。

私は基本、子供たちと一緒に21~22時には就寝します。

でも、24時頃まで起きている夫は、TVの音量やその他生活音に気を付けないといけません。

ただキッチンは、和室から少し離れて奥まった所に位置しているので、キッチンの音は多少マシかもしれません。

まとめ

そんなこんなで、デメリットが無いわけではありませんが、新居(購入した中古マンション)でも布団で寝るということは大前提でした。

■布団で寝るならやっぱり和室!

■和室があるから布団を敷ける!

そんな固定観念のもとに、部屋割りやリフォーム計画を考えていたのですが・・・・

夫が思わぬ提案をしてくれ、リフォーム計画は大きく舵を切ることになったのです。

続きはこちら→時代に逆行!洋室を和室にリフォームした理由とその内容とは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク