賃貸マンションと分譲マンションの違い 私が実感した13のポイント 

賃貸v.s.分譲

この永遠のテーマは、あちらこちらで議論されています。

賃貸暮らし16年を経て、ついに分譲マンション(と言っても中古ですが)を購入した私が、一般論ではなく、実際に肌で感じたメリット・デメリットをご紹介します!

賃貸マンションのメリット

住み替えしやすい

賃貸マンションの一番いいところは、やっぱり「住み替えが簡単」なところ。もうちょっと広いところに・・・とか、もうちょっと家賃が安いところに・・・とか、もうちょっと通勤しやすいところに・・・なんて感じで住み替えしやすいですよね。家族構成の変化や、ライフスタイルの変化に対応しやすいです。

そんな私は独身時代も含めて、この16年で賃貸物件を5つ渡り歩いています。

設備の老朽化によるメンテナンス費用は大家さん持ち

これ、どういうことかピンときます??

具体的には、ガスコンロとか、洗面台とか、そういった設備のことなんですが、やっぱり古くなれば故障したり不具合が生じますよね。それを修理したり、交換するための費用は、大家さんが持ってくれます!

私は入居中に、キッチンのガスコンロ(ビルトイン)や、洗面台を交換してもらったことがあります。ガスコンロってある程度寿命ってものがありまして、使用年数が経ってくると、火が付きにくくなるんですよね。

で、「修理してほしい」と管理会社経由で電話をしたんですが、点検に来てくれた業者さんが「新品に交換できるように、管理会社さんに相談してみます!」なんて言って、修理ではなく交換の方向に話を持って行ってくれました。交換の方が業者さんの売り上げにもつながるので、そのような対応をしてくれることも多々あるんです。ラッキーですよね(笑)

外的要因によるリスク回避が容易

マンション偽装問題や、震災被害などで、「ローンも残っているのに・・・」と肩を落とす住人をTVで何度か見たことがあります。

自分では思いもよらなかったことで、その分譲マンションに欠陥が生じ、もはや売ることは不可能な状態。住み続けるにも耐震性に不安が残り、修繕費用も必要・・・そんな状況は、そう滅多にあるわけではありませんが、実際におこっている問題です。

でも賃貸マンションであれば、そうなった時点ですぐに引越してしまえば何も問題はありません。

この手のニュースを見ると、「マンションなんて絶対買うべきじゃないな!怖い怖い!!」と思っていた私ですが・・・結局買いました(笑)

賃貸マンションのデメリット

 毎月支払うコスト(家賃)が高め

これはよく、新築マンションの販売チラシなんかの宣伝文句にもなっていますよね。「今のお家賃と比べてください!毎月これだけのローン返済で、この広さのマンションが手に入ります!」みたいなやつ。

同じエリアで同じぐらいの条件のマンションで比較した時に、やはり賃貸の家賃の方が高いです。あと、駐車場も分譲マンションより賃貸マンションの方が高い傾向にあるようです。

ただ、分譲マンションはローン返済とは別に、毎月、修繕積立金と管理費があるので、ローン返済額だけみて、すぐそのチラシに飛びつくのは危険です・・・

水回りの設備がイマイチ

芸能人も住むような高級賃貸マンションなら話は別ですけど、一般人が住む賃貸マンションでは、水回りの設備は、ほんっと最低ランクの品です。

今回、中古マンションを購入して水回りを全てリフォームしてみて分かりましたが、賃貸向けの商品は全く別になってます。ま、でも賃貸マンションのオーナーの立場になってみれば、それは当然そうなるんですけどね。

最低ランクの設備でも新しければそんなに不満はないんですが、古いことも多々あります。主婦の立場からしてみると、キッチン、お風呂、トイレの水回りって、やっぱりキレイで最新設備に憧れますよね~。

共有部分の管理やメンテナンスがイマイチ

これはそれぞれの管理会社によるとは思うんですが、やはり分譲マンションと比較したら、劣ると思います。まぁ、毎月1万円前後の管理費を支払う分譲マンションと、毎月2~3,000円程度の管理費を支払う賃貸マンションを比べるなよ!という話かもしれませんが・・・

私が1つ前に住んでいた賃貸マンションの管理は本当にイマイチで、以前の入居者の物と思われる自転車が複数台放置されており、駐輪場がギュウギュウだったんです。それを管理会社に電話しても、反応が遅くて・・・ようやく動き出したかと思っても、放置自転車に札が貼られただけで終了。その後も何回かクレームの電話して、ようやく撤去してくれました。

管理会社は大手グループで有名なんですけどね・・・ひどいもんでした。

それから玄関ホールや廊下などの掃除も月に1回だけなので、何となくいつも汚れています。

一家の大黒柱に万が一のことがあった時、どうする?

一家の大黒柱である夫に、万が一のことがあった場合、妻である私が子供を抱えながら働き、同じ家賃を支払い続けられるか・・・?と考えた時、正直不安でした。

賃貸なので、もっと安いところに住み替えればいいのですが、夫を失ったというショックの中、自分と子どもの住まい環境を変えるということは、ものすごいエネルギーと勇気がいるだろうと想像します。

分譲マンションのメリット

基本、上述の賃貸マンションのメリット・デメリットと逆になりますが、今の段階で(まだ分譲マンションに住み始めていません)私が感じていることを書きます。

必要に応じて、売却か賃貸に出すことも可能

当面住み続ける予定ですが、子ども達が全員巣立ってしまった後、4LDKに夫婦2人だけってのはちょっと広すぎます。その時になってみないと、自分たちの状況や気持ちは分かりませんが、もっと別なところに住みたいと思う可能性は十二分にあります。

そうなった時に、ローンがまだ残っていたとしても、売却するか賃貸に出すか、という選択肢があります。

我が家ではそれを見越して、戸建よりも売りやすいマンションを、そして貸しやすい駅近物件を選びました。

夫に万が一のことがあった時、ローン返済が免除される!

これは心理的にかなりのメリットです。残るは管理費と修繕積立金の支払いだけであれば、夫を失ったショックで1年くらい抜け殻になったとしても、何とかやっていけると思います。

そして、住み慣れた環境を離れずに、そのままそこでの生活を続けられるというのは、有り難いです。

専有部分はリフォーム自由!

我が家ではリフォーム前提で中古マンションを購入しましたが、そうでなくても、分譲マンションは自分の好きなようにリフォームすることができます!

分譲マンションのデメリット

売りたい時で本当に売れるか、希望価格で売れるかは不明

我が家では築20年の中古マンションを買ったこともあり、今から30年後くらいには、さらに老朽化は進みます。それで本当に売れるの??という不安は残りますよね、正直。

管理組合の理事とかいう面倒臭そうな仕事

これはまだやっていないので分かりませんが、友人から聞いた話だと、やっぱりちょっと面倒そうです。賃貸ではそんな仕組みはありませんから、気楽なもんでした・・・

前の晩にゴミを捨てるなんてマナー違反は絶対NG!

これ、デメリットじゃなく当然のことだろ!と自分自身でツッコミましたが、賃貸マンションって結構みんな前の晩にゴミを捨てたりしてるんですよね。賃貸でもマンション専用のごみステーションがあるので、資源ごみ等であればあまり収集日を気にせずに持って行ってました。

でも分譲マンションだったらこんなマナー違反は絶対にできません!しません!!

でもマンションによっては、ゴミ置き場の管理にもお金をかけて、24時間365日ゴミ出しOKなところもあるんでしょうね、きっと。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般論ではなく、一個人として感じてる等身大のメリット・デメリットをご紹介してみました。どうでもいいポイントも挙げておりますが、お許しください(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク