中古マンション購入後に不動産屋が紹介してくれるリフォーム会社について

中古マンションを購入すると、築浅もしくはリフォーム済物件でない限り、どこかしらリフォームするケースがほとんどかと思います。

そして、中古マンションを仲介してくれた不動産屋から、リフォーム会社を紹介されることもあるかと思います。でも、不動産屋に紹介されたリフォーム会社にそのままリフォームを依頼するのは、止めた方がいいです!

それはなぜか?今回は、私の実体験を基にその理由について書きます。

私たちが不動産屋から紹介されたリフォーム会社

その1:リフォーム参考価格を出してくれたリフォーム会社

私たちが購入した中古マンションの場合は、内覧の際(つまり購入を決める前)に、不動産屋が、参考資料としてリフォームの概算見積書を準備してくれていました

リフォームの見積書は、地域のリフォーム会社へ依頼して作成してもらったということで、どこのリフォームにいくらかかるのか、その内訳も分かる内容になっていました。

築20年ほどの中古マンションで、水回りやフローリング、じゅうたんも汚れていたので、それらのリフォームにどの程度費用がかかるかを把握してもらった方が、購入の決断がスピーディにできるだろう・・と考えて、不動産屋が準備しておいてくれたということです。

ただそれだけで、正確に言うとそのリフォーム会社を紹介(オススメ)されたわけではありませんが、手っ取り早いので、その後その会社にも訪問見積を依頼しました。

その2:不動産屋と業務提携しているリフォーム会社

契約後に様々な資料をもらいましたが、その中にリフォームに関する広告もありました。

「当社と業務提携をしているリフォーム会社の中から、工事内容や営業エリアに応じて選定します。」といった文言が描かれたチラシです。

私たちがお世話になったのは、テレビCMもしている超大手不動産仲介業者でしたので、同じグループのリフォーム部門(リフォーム専門会社)もありますし、おそらくそこを中心として紹介してくれるのだと思います。

ただし、不動産営業マンの口からは、「リフォーム会社も当社でご紹介できますので、いかがですか?」等の営業トークは一切なく、もらった書類の中にリフォームに関するチラシも入っていた、というだけです。(もちろんリフォームだけでなく、引っ越しや火災保険、ハウスクリーニング等の広告もありました。)

不動産営業マンから聞いた裏話

私自身、友人からのアドバイスもあって、複数社から相見積もりを取ろう!と決めていました。でも、じゃあどうやってそのリフォーム会社を選べばいいのか?が分からなかったこともあり、不動産営業マンに相談してみたのです。

そこで聞いたのは、やはり大手グループが展開するリフォーム会社は、広告費などを相当かけているので、その分どうしても価格は高い・・・ということでした。

上に書いたように、私たちが購入した中古マンションのリフォーム参考価格は、地域のリフォーム会社が出してくれたものだったのですが、不動産営業マン曰く、「自社グループで見積りを出すと、どうしてもリフォーム費用がもっと高くなってしまうので、今回はあえて地域の小さなリフォーム会社に見積りを依頼して作ってもらっています。」ということでした。

私のような素人は、そもそもリフォーム費用の相場を知りませんし、1社だけの見積書を見て、それが高いか安いか検討がつきません。

ですので、中古マンション売買の契約を取る営業マンとしては、高いリフォーム見積書を参考資料として持ってきてしまうと、それだけ売却に不利になってしまうということです。

なので、あえて、自社グループの大手リフォーム会社(=価格が高い)を外した、というのも頷けます。

リフォーム会社から不動産屋へのキックバック

不動産屋が提携しているリフォーム会社ということであれば、これは当然あります。そしてその分も価格に反映される、というのは、ビジネス上当たり前のことですよね。

だから不動産会社が紹介してくれるリフォーム会社は止めた方がいい、というわけではありません。

注意したいのは、不動産屋が会社としてリフォーム会社と提携しているならいいのですが、その営業マン個人が、どこかのリフォーム会社と手を組んで、裏でお金を受け取っているパターンがあるということです。

個人事業主として不動産営業マンをしている人なら問題ありませんが、会社員である営業マンが、会社に内緒でそれを個人の懐に入れているパターンも無きにしも非ず・・・のようです。

そういった場合は、リフォーム会社もそれを承知でやっているはずなので、そんなリフォーム会社だとちょっと信用できないですよね。もちろんその営業マンもですが(笑)

不動産営業マンの言動が怪しれば、この辺は見抜くことができると思います。

1社の見積のみでリフォームを決めることのデメリット

一番大きい理由はここです。

とにかく1社のみの見積でリフォームを決めてしまうと、その価格が妥当なものなのかも判断できませんし、リフォーム会社の良し悪しや特徴なども見えてきません。

必ず複数社に見積りをとることをオススメします。

その分手間はかかりますが、様々なアドバイスをもらえる絶好のチャンスでもあります。

納得のいくリフォームにするためにも、複数のリフォーム会社に訪問見積りをしてもらって、担当者との相性も見極めた方がいいです。

リフォームは細かなところまで様々な打合せをしますので、自分と相性が悪い担当者だと、意思疎通がスムーズにとれません。

そんな相性の悪い担当者だと、リフォームの過程がとても苦痛なものになってしまうだけでなく、注文内容と違った!なんてトラブルが発生しかねません。

まとめ

ということで、間違っても不動産屋から紹介されたリフォーム会社だけで決めてしまうことのないようにしましょう!

そして相見積もりも必須です!

以下の記事も参考になると思いますので、一緒にお読みください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク