深型食洗機を選んで大正解!使い勝手をレビューします!!

キッチンは、リクシルのシエラでリフォームした我が家。ビルトインタイプの食洗機は、迷わず導入しました。しかし、予算の関係で、深型浅型かについては、少し迷いました。

で、以前、下の記事に書いた通り、最終的には深型で機能が少ないタイプの食洗機(Panasonic 深型タイプ・扉材仕様 NP-45RE6WJG)に決めました。

私がリクシル食洗機で深型を選んだ理由
我が家では、システムキッチンはリクシルのシエラでリフォームしました。 そして、食洗機の深型v.s.浅型 トータルの価格差はどれくらい?...
食洗機は多機能の方がいい?その機能って本当に必要?
我が家は、キッチンはリクシルのシエラでリフォームしました。 そして、この記事「私がリクシル食洗機で深型を選んだ理由」にも書いた通り、食...

とうことで、いよいよ、実際に使用した感想について書きたいと思います!

特にこの記事では、浅型ではなく深型がいかにオススメか、という点にスポットを当てます。

深型食洗機を使ってみた率直な感想

据え置きタイプの食洗機よりも、調理器具を多く入れられる!

以前は、こんな食洗機を使っていました。

東芝 食洗機DWS-600B

東芝の食洗機DWS-600B

取扱い説明書によると、容量は6人分で、食器53点。

それに対して、シエラのPanasonicの深型食洗機は、約6人分・食器44点です。

ですが、東芝の据え置きタイプの食洗機よりも、色んな物を入れられるようになり、快適になりました。(ちなみに我が家は夫婦+幼児2人の4人家族。)

「色んな物」とは、具体的に言うと、ボウルとかザルとか、フライパンとか鍋とか、炊飯ジャーの釜とか、ヘルシオ(オーブンレンジ)の角皿とかです。つまり、食器ではなく調理器具ですね。

これも入れちゃえ!

あ、これも入っちゃう?!

って感じで、感動すら覚えました。

東芝の据え置きタイプの食洗機を使っていた時よりも、手洗いするものがさらに減りましたヽ(*´∇`)ノ

それに4人家族であれば、雑に入れてもどうにか納まるので、ストレスなく放り込むことができます。

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

ジャジャーーン!!

これが、我が家の、普段の食洗機の使用状況です↓

シエラ深型食洗機に食器や調理器具を入れて上から見た様子

↑この写真は、真上から撮影したせいか、まだまだ深さに余裕があるようにも見えますが、横から撮影するとこんな↓感じです。

シエラ深型食洗機に食器や調理器具を入れた様子

黒いフライパンのフタや、黒いターナー?(フライ返し?)は、ギリギリ入る深さです。

でもこのフライパンのフタ、かなり大きいものなんですよ。以前使っていた据え置きタイプの食洗機でも、このフライパンのフタは入らず、手洗いしていました。

↓実際のサイズはこちら。

深型食洗機なら入る大きいフライパンのフタ

取っ手部分のでっぱりも入れて、約35cm。取っ手部分を除いた直径が約34cmあります。

これも、Panasonicの深型食洗機なら入ってしまうんです!

↓下の写真で、実際のサイズ感を比較してみましょう。

食洗機に入るサイズの比較

一番右の白いお皿は、家庭で使う大皿としてスタンダードなサイズで、約23.5cm。浅型食洗機にも入るサイズです。

それと比較すると、中央の黒いフタは、かなり大きいことが分かると思います。

ちなみに、一番左の透明のフタ(直径約29cm)は、据え置きタイプの食洗機でも洗っていました。しかし、中央の黒いフタは、据え置きタイプの食洗機にも入らず、これまでは手洗いしていました。

・・・と、ここまで書いて、思い出しました。

リクシルがカタログで、対応する食器サイズを公開しているんですよね。

 メーカー パナソニック リンナイ
タイプ 深型 浅型 浅型
基本 27cm以下なら6点 25cm以下なら5点  24cm以下なら5点
最大 30cm以下なら3点 27cm以下なら3点 26cm以下なら3点

あれ?私が購入したパナソニックの深型は、30cm以下となっています。

しかし、直径約34cmのフライパンのフタも入るので、入れちゃっています(笑)

だとすると、浅型も、もう少し大きいサイズもギリギリ入るのかも??

浅型の食洗機を選ばなくてよかった!!

深型食洗機を使い始めて1ヶ月。

これも入るのかぁ~!

あれとこれとこれも一緒に洗えるのかぁ!!

と、深型食洗機の使い勝手の良さを、じわじわと実感していた頃。再びリクシルのショールームに足を運ぶ機会がありました。

そこで改めて浅型食洗機を見て、「こんなに浅かった!?これじゃ、ほとんど入らないよ!アレも入らないし、アレも無理だな。あーー、浅型にしなくて良かった!!」と思いました。

ついでに・・・

以前、私の実家の母が、ビルトインタイプの食洗機が使いにくい…と嘆いていました。

私が使っていた据え置きタイプの食洗機と比較して、据え置きタイプの方がたくさん入って使いやすい!とも言っていました。

それを思い出して、実家のビルトイン食洗機を確認すると、やっぱり浅型タイプでした。

かつて母の意見を聞いた時は、ビルトインタイプは上から食器を入れて、据え置きタイプは横から入れるから、その辺が使いやすさを左右するのかなぁ?と思っていました。

しかし、私が据え置きタイプからビルトインタイプの食洗機に移行し、以前と比較してみても、それほど使いにくさは感じていません。

上段・下段の使い分けに関しては、やはり据え置きタイプの食洗機に軍配があがりますが、より多くの調理器具を一度に洗えるようになったことから、全体的にはより快適になったと感じています。

ということで、浅型v.s.深型という観点で見た場合、圧倒的に深型の勝利です。

それでもあえて浅型タイプの食洗機を選ぶ場合は、「思ったほど入らない」そう覚悟することが必要かな、と思います。

これから食洗機を選ぶ方へのアドバイス

浅型と深型の価格差

声を大にして言わせて下さい!!

予算の都合上、浅型と深型で迷っている方、絶対に深型を選びましょう!!

実際に深型の食洗機を使いながら、

「浅型にしなくて良かった!!」

「深型にして良かった!!」と何度も何度も思いましたから。

一番安い浅型の食洗機と、一番安い深型の食洗機を比較した場合、約3万円の価格差です。(2015年3月時点の、グループ3の扉材の場合。以下参考記事です。)

食洗機の深型v.s.浅型 トータルの価格差はどれくらい?
システムキッチンの食洗機、意外と選択肢が多くて、どれにしようか迷いますよね… 大は小を兼ねる…で考えれば、食洗機は深型を選んでおけば間...

迷う理由が価格面なのであれば、たとえ予算オーバーしてでも、深型を選んだ方がいいです。深型には、追加で3万円以上払う価値があります!

そして、浅型を選ぶと、必ず後悔することになります!

ええ、断言します!!m9(゚д゚)

※ただし、迷う理由が価格面でない場合は、この限りではありません。以下、参考記事です。

価格差だけじゃない!あえて浅型食洗機を選ぶ理由とは?
浅型食洗機と深型食洗機について調べているうちに、価格の安さだけではなく、あえて浅型食洗機を選ぶ価値が存在することに気が付きました。せっかくな...

私のように据え置きタイプの食洗機から移行する人は、「前より入らなくなった!」というストレスを感じることでしょう。

そして、初めて食洗機を使う人は、「思ったより入らないし、結局手洗いするものもあるから、食洗機を使ったのは最初だけで、今は全部手洗いしてるのよね~」なんてことになりかねません。

浅型の方が省エネ

浅型の方が省エネだしな・・・と思う方、それはあまり重要視しない方がいいと思います。

いや、無視してもいいかもしれません。

というのも、私は深型食洗機を使い始めてからというもの、食洗機をまわす回数が増えました。

食器だけではスカスカだとしても、フライパンや鍋、ボウルやザルなどの調理器具もバンバン入るので、毎食後、食洗機をまわしています。

つまり、省エネからは遠のいております。

が、しかし!!

「あーあ、やっぱり省エネの浅型にしておけば良かったな」なんて思うことはありません。

というのも、電気代や水道代の利用明細が届いた時、仮に以前よりも料金が上がっていたとしても、それが食洗機の利用が原因かどうかは分からないんですよね。

逆に、電気代・水道代の利用明細を見て、料金が安くなっていたとしても、「省エネの浅型にしておいてよかったーー!」って感じるでしょうか?

感じませんよね??

電気代も水道代も、季節によって大きく上下します。

「省エネ=電気代・水道代が抑えられる」という観点だとしても、それって実感しにくいんです。

というわけで、省エネという理由で浅型を選んでも満足には至りません。逆に深型を選んでも、省エネという観点で後悔することもありません。

だから、浅型か?深型か?を選ぶ際には、省エネの観点は除外して考えましょう。

こんな人は浅型に向いているかも

以前もこの記事↓で書きましたが、

価格差だけじゃない!あえて浅型食洗機を選ぶ理由とは?
浅型食洗機と深型食洗機について調べているうちに、価格の安さだけではなく、あえて浅型食洗機を選ぶ価値が存在することに気が付きました。せっかくな...

あえて浅型を選ぶ理由というのも存在します。

それに付け加えて・・・なんですが、私なりの意見を書かせていただくと

  • 鉄製のフライパンや鉄なべを大事に手入れして使っている人
  • 土鍋で色んな料理をする人
  • アルミ製の鍋を使っている人
  • 竹ザルや木製のまた板など、天然素材の調理器具や食器を愛用している人
  • 鍋やフライパンの取っ手は木製が好きな人
  • 漆器、金の装飾、クリスタルガラスなど、食洗機に適さない食器が多い人
  • 家で料理はほとんどしない人

これらに数多く当てはまる人は、浅型でも十分間に合うかなと思います。

まぁ、喉から手が出るほど食洗機が欲しい人、はたまた、食洗機がない生活なんて考えられない人にとっては、食洗機に適した食器&調理器具に買い換えてでも、全てを食洗機につっこみたいですよね(笑)

いや、食洗機で食器や調理器具がダメになれば、その時また新しい食器を買えばいい!って考えもあるかな・・・(^_^;)

どちらにしても、食洗機ありきの人は、深型にすれば間違いありません!

まとめ

以上、システムキッチンの深型食洗機を使ったレビューでした。

次回は、食洗機の多機能タイプ(ムービングラックあり)ではなく、機能が少ないタイプを実際に使ってみた感想について、レビューしたいと思います!

長くなりましたが、お読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク