マンションのウォークインクローゼットの使い勝手は?メリットとデメリットについて

新築マンションにしても中古マンションにしても、販売のチラシを見ると、「ウォークインクローゼット付!」と強調してアピールされているのをよく目にします。

私も、「おぉ!いいね!」と思っていたのですが、ウォークインクローゼットって本当に使いやすいのでしょうか?

ウォークインクローゼットのメリットって何なのか?デメリットはないのか?実はよく分かっていなかったので、調べてみました。

ただ、今現在は1部屋を納戸のように利用しており、いわばとても大きなウォークインクローゼット状態です。何でも放り込めるけど、整理整頓するのは難しい・・と感じています。

ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

メリット

注文住宅で家づくりをしている人のブログなどを覗いてみると、ウォークインクローゼットの意外なメリットも発見しました。

それは・・・

  • 壁一面を収納にすると、壁が扉だらけになり、扉の前に物が置けないが、ウォークインクローゼットにすることで、扉1つになり壁がスッキリする。
  • ウォークインクローゼットの中で、着替えができる
  • 大型のものも入る
  • 一か所にまとめて収納できる

といった感じです。

デメリット

メリットがあればデメリットもあります。それは

  • 防虫剤が効きにくくなる
  • 湿気がこもりやすく、カビが発生することも
  • 普通の部屋と同様に埃がたまる
  • 人が通る分だけ、余分なスペースが必要
  • 上手に収納しないと散らかりがちになる

といった感じです。

戸建住宅のウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットの良し悪しや、使い勝手を検討している人の多くは、注文住宅を建てる人のようです。

ですので、手持ちの婚礼ダンスがそのまま入るように設計してもらった、とか、ウォークスルークローゼットにして部屋と部屋をつなぐ廊下を兼ねた、とか、様々な工夫がみられます。

何より、使いやすいウォークインクローゼットには、十分な広さと奥行が必要のようです。

マンションのウォークインクローゼット

では、マンションのウォークインクローゼットはどうか?というと、自分でリノベーションする場合を除き、設計するのは自分ではありません。

既に作られているウォークインクローゼットを、そのまま使うことになります。

なので、本当に使いやすいウォークインクローゼットなのか?が疑問な物件もあります。

ウォークインクローゼットは「売り」になるから、無理やりウォークインクローゼットにしたのでは?と思うようなマンションもありますよね。

最近は70㎡そこそこの広さでも、ウォークインクローゼット付の物件が結構あります。今の流行りとも言えるのかもしれません。

スーモ等で物件検索するのにも、「細かいこだわり条件」でウォークインクローゼット有にチェックを入れることができる仕様になっていますよね。

マンションのウオークインクローゼットのチェックポイント

もし、マンションにウォークインクローゼットがついていることに、重きを置いている場合は、本当にそれが使いやすいのかを冷静に判断してみた方がいいと思います。

  • 中で着替えることができる?
  • クローゼット内の照明はある?
  • L字になる部分には、何をどう収納する?
  • 衣装ケースの引出しを引き出す際、十分なスペースを確保できる?

3LDKマンションのウォークインクローゼット付間取り

3LDKマンションのウォークインクローゼット付間取り

上記2つは例ですが、斜めになっているウォークインクローゼットが、個人的には、無理やり作った感じがするのです・・・

おそらく、着替えることができるほどのスペースはないですよね。L字の角にあたる部分は、どうしても使いにくくなります。

なのに、その使いにくくなるスペースを生み出してまで、わざわざウォークインするスペースを確保する必要があるのだろうか?と思うのです・・・

使いにくいウォークインクローゼットなら、リフォームを!

もし、使いにくいウォークインクローゼットだった場合、もしくは、あえてウォークインする必要がない収納スペースだった場合、リフォームすることもできます。

私たちも、ウォークインクローゼットではないですが、使い勝手が悪い収納部分をリフォームして、別の部屋から有効に使えるように作り変えました。

そんな大がかりな・・・と思うかもしれませんが、そうでもありません。もちろん費用はかかりますが、見た目ではない使い勝手の部分ですので、費用対効果は大きいです。

どこをどう作り変えたら使いやすくなるのか、そのためにはいくら位リフォーム費用がかかるのか、見積だけならタダです!

リフォームの見積りなら

私が利用したリフォーム一括見積サイトは、リクシルの「リフォームコンタクト」というサイトなんですが、訪問見積(正確な見積書作成に必要な情報を、現場で採寸&ヒアリングしながら確認すること)の依頼をするまでは、リフォーム会社に自分の名前も住所も伝わらないので、断りやすくておすすめです。

「ウォークインクローゼットがこんな状況で使いにくいので、リフォームしたい」や「こんな風に作り変えたいが、いくらくらいでリフォームできるのか知りたい」などとコメントを入れておけば、それに対して具体的な提案をしてくれるリフォーム業者もありますので、そのアイディアをもらうだけでも価値がありますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク