敷布団のように畳の上に敷いて三つ折りできるマットレス

我が家では、新婚時に購入した無印良品のベッドを処分し、現在、普通の敷布団を畳の上に敷いて寝ています。

↓過去記事↓

3LDK  4人家族で快適に。まずはベッドを処分!
我が家は現在4人家族。少し前までは、3LDK(66平米)の賃貸マンションに暮らしていました。子供が2人に増えてからは、狭くてストレスを感じる...
時代に逆行!洋室を和室(畳)にリフォームした理由とその内容とは?
こちらの記事「4LDKマンション 寝室はどこにする?用途に応じたリフォーム計画」の続きになります。 購入した中古マンションは、窓のある...

がしかし・・・やっぱりベッドのマットレスと比べると寝心地はイマイチです。特に私は、子供と一緒に9時間も睡眠しているので、寝起きにちょっと腰が痛いんですよね。

そんな生活をかれこれ3年近く送ってきたのですが、この度、マットレスが欲しくなってしまいました。(※きっかけは、畳の上にマットレスを直敷きしている友人宅に1泊したことです。)

あとは、そもそも、敷布団の1枚はもうすぐ20年選手。煎餅布団化してきたこともあります。

こんなマットレスが欲しい

タイトルの通りです。

寝心地うんぬん以前に、絶対条件はこれ。

  1. 敷布団のように、畳に直に敷いて使えること
  2. 敷布団のように、3つ折りして押入に収納できること
  3. 収納スペースの都合上、敷布団と同じ厚さ5cm程度のもの

ネットで調べると、本当は3つ折りタイプじゃない方がいいようですが、押入に収納したいので、その点は妥協します。

低反発or高反発?

友人宅には、低反発と高反発の両方があり、両方試させてもらいました。

高反発は、かつて使っていた無印良品のコイルマットレスに近い寝心地。低反発は、ゆっくり沈むテンピュールっぽい感じでした。(テンピュールは、お店で試したことがあるだけです。)

低反発にも高反発にも、それぞれのメリット・デメリットがあるようですが、まぁ最後はその人の好みによって分かれるようです。

「好み」というと、曖昧ですが、年齢や体格、寝相などに左右されるのだと思います。

我が家では、最終的にシングル3枚分購入したいので、とりあえず、低反発1枚、高反発1枚を購入して様子を見たいと思います。

マットレスの価格帯

メーカーがたくさんありすぎて、よく分かりません…

とりあえず、3つ折りタイプに限定して調べてみました。

安いもの

安い物は3,000円程度。

高いもの

高い物は4~6万円といったところでしょうか。

マニフレックス DDウィング シングル

マニフレックスとかいうマットレスは約6万円。高い・・・

テンピュールの価格

あこがれのテンピュールにも3つ折り直敷タイプは存在し、定価で税抜38,000円。アマゾンや楽天なら3万円ぐらいで買えそうです。思ったより安くてビックリ。

耐久年数

高価なものでも耐久年数は存在し、7~8年といった記述も見かけました。

中には、ネットで買った安物がたった1年でダメになった、という口コミも・・・

体重に負けてヘタってくるそうです。

まぁ、悪くて1年、良くても10年ぐらいと思っておいた方がよさそうです。

と思いながら、もう少し調べてみたら、通販のセシール
高反発と低反発マットレスの違いを徹底比較!あなたはどっち派?icon
というページにこんな記述を発見。

買い替えの目安にする寿命は、高反発マットレスで5~10年、低反発マットレスは1~5年と、商品や使い方によって大きく異なります。

だそうで。

私が大雑把につかんだ感覚通りでした。

あとは、低反発マットレスより、高反発マットレスのほうが耐久性に優れているってことですね。

干し方

3つ折りを天日干しする時、どうやって干す??と思ったら・・・

基本的に天日干しNGだそうです。あくまでも陰干し

3つ折りだったら、じゃばら状に立てて、風通しのいい部屋で干せばいいようです。

今後のマットレス探し

個人的には、シングル1枚1万円以内で購入したいです。

ネームバリューがあるけど、安く買えそうなニトリ、アイリスオーヤマ、イオンあたりをとりあえず探してみます。

つづく・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク