【パモウナv.s.綾野】食器棚のモイスってどうなの??

綾野製作所で採用している「モイス」という素材。でも、パモウナではあえて採用していないんですよね。

私としては最初、モイスは無くてもいいし、むしろ無い方がよいのかもしれない、と思いました。

でも、私がアレコレ考えたり調べたりした結果、あっても無くてもどっちでもいいかもという考えに至りました。

今回は、その辺をご紹介したいと思います。

蒸気レスの炊飯器の存在

ご存知でしょうか?なんと今は、蒸気レスの炊飯器もあるらしいじゃないですか!

だったら、水蒸気そのものを、あまり気にしなくてよいのでは?モイスなんて要らなくなるのでは??と思いました。

・・・・

・・・

あ、でも、蒸気レスのヘルシオやスチームオーブンはまだ無いようなので、それらを使う場合はダメですね(笑)

水蒸気に含まれるでんぷんや油

水蒸気、水蒸気と言いますが、純粋な水だけじゃないですよね。

炊飯器だったら、お米のでんぷん質が混ざっています。炊き込みご飯をしたときは、も混じることもあるでしょう。スチームオーブンなら、なおさら。

ということは、水蒸気と一緒にでんぷんもモイスに付着してしまうと思うのです。でんぷんや油は、水蒸気のように放出されることなく、モイスに汚れとして蓄積していきますよね。

パモウナ社の言うとおり、モイスの表面はザラザラしているので、それらの汚れをふき取ることもできません。

これが、モイスに不安を感じる1番の理由です。

綾野製作所はクレームゼロと言うけれど

綾野製作所のHPには

おかげさまで綾野製作所では、適湿化素材MOISS(モイス)の取り扱い開始から約6年間(2009年6月~2016年11月)で、搭載製品の出荷台数が累計172,000 台となりました。

これまでモイスに対するクレームなどの事例もなく、高い品質と性能が好評を得ています。

とあります。

私も一瞬、「クレームゼロなら安心か!」と思ってしまったのですが、ちょっと待ってください!

2009年の取扱い開始から、まだ10年経っていないのです。この先、10年経過するまでの間に、クレームが発生するかもしれません。

あとは、10年間保証の裏を返せば、10年間は問題なく使えるけど、10年経ったら分かりません、ってことかもしれません。

交換しないとカビが発生するかも?!と思っておいた方がいいのではないでしょうか。

ただ、私の経験上、10年も経つと、「まぁ、いいか」という気持ちに支配されます。それはすなわち、モイス交換を先送りしそのまま使い続けるということです。

そしてモイスだけがカビてしまうのならまだいいのですが、食器棚本体にまでダメージが及んでしまったら嫌ですよね。

モイスの寿命

パモウナや綾野のHP情報

綾野製作所では、モイスの性能を10年間保証しています。

ということは、モイスの寿命は10年程度なのかなと思ったのですが、パモウナのHPにはこう書いてあります。

モイスは汚れて性能が落ちることが確認されており3年~5年ほどで交換しないといけない素材です。

3年~5年って、結構あっという間ですよね。

本当のところはどうなの??

MOISS公式ホームページ情報

ということで、ちょっと調べてみました。

まずは、モイスHP上にオンラインカタログ(MOISS家具NAVI)を発見。

一部抜粋してご紹介すると、モイスの吸放湿性能

注目は、ここ↑モイスの水蒸気実験です。

【実験内容】炊飯器に相当する蒸気を1日2回 (朝・夕) 、延べ 100サイクル発生させ、家具に対する影響を確認する実験をしました。

【結果】水蒸気を繰り返し吸収・放出させ、モイス内部には水分を残留していないことが確認されました。また、100サイクル後でもモイスの吸放湿性能は低下しない事が確認されました。

1日2回100サイクルじゃ、データとして少なすぎませんかね??

せめて、365日×10年=3,650サイクルぐらいの実験結果が欲しいです。でも、放湿にかかる時間を考えたら、本当に10年がかりの実験になってしまうので、現実的ではないですね(笑)

そして、実験に使用した「炊飯器に相当する蒸気」に、でんぷんは含まれているの??

MOISSへ直接問い合わせした結果

勢いで、モイスのメーカー側にも直接問い合わせしてみました。

※メーカー側と言っていいのか分かりませんが、三菱商事株式会社、アイカテック建材株式会社、三菱商事建材株式会社の三社が運営しているモイスの公式サイトhttp://www.moiss.jp/のお問い合わせフォームから質問してみました。

まずは、この実験に使用した「炊飯器に相当する蒸気」にでんぷんや油が含まれているか?については、

 100サイクルの実験では、純粋な水蒸気による試験を行っており、でんぷんや油の混じった水蒸気での試験にはなっていません。

炊飯器やスチームオーブンから噴出する水蒸気が食器棚の天板部に掛かったとしても、目詰まりを起こす要因にはならないと思われます

とのことでした。

これだけではちょっと説得力に欠けるんですが、他には、以下のような回答もいただきました。

通常のご利用では、モイスの寿命 (性能) は、半永久的に継続するものと考えていますが、汚れが激しくなって、モイスを交換したい場合は、交換が可能な構造になっています。

モイスの発売以来、10年以上の期間で、目詰まりにより極端に性能が劣化したとの指摘を受けた事例はございません。

あくまでも、一般主婦である私個人の感覚ですが、半永久的というのはちょっと期待しすぎな気がします。

でも、モイス発売以来10年以上の期間で、目詰まりによる劣化の指摘はないとのことですし、よくよく考えれば、交換すればいいだけの話かもしれません。

モイスの交換費用や手間

パモウナのHPには、

採用している家具メーカーは「交換可能」とうたっていますが、交換する業者や費用が明確になっていません。

という、不安になる記述があります。

でも、綾野製作所なら、そんな中途半端なことをするわけはない!!

ということで、いきなりですが、綾野製作所に直接電話をして問い合わせしてみました。

モイス交換にはいくらぐらいかかるんでしょうか?

綾野の人
ご購入いただいた販売店様を通して、交換していただくことになります。販売店様の手数料もございますので、販売店様にお問い合わせいただけますでしょうか。

ということで、次は、販売店に電話してみました。

綾野製作所の食器棚のモイス交換には、いくらぐらいかかるんでしょうか?

販売店
サイズにもよりますが、5,000円~1万円程度です。

ついでに、交換方法についても質問。

実際にモイスを交換する際は、修理担当の方が自宅まで来てくれるんでしょうか?(まさか、食器棚本体を工場へ運んでからの修理なんてことにはなりませんよね?by 心の声)

販売店
いえいえ、モイスはビスで止まっているだけですので、ご自身で交換していただくかたちになります。

食器棚のサイズに合ったモイスだけ自宅に送られてきて、自分で交換するってことですね。ホッとしました(笑)

食器棚を一旦、工場に運ぶ…なんてことになったら、中に収納しているお皿やら何やらを全て出さないといけないので、面倒くさいことこの上ないですからね。

まとめ

というわけで、まとめ。

  • パモウナは「モイスは3~5年で交換が必要」と言うが、10年ぐらいは持ちそう
  • そもそも綾野なら10年間の保証付だから、その間は安心して使える
  • もしかすると、10年経過後も問題もなく使えるかもしれない
  • 最悪、自費で交換することになっても、出費も手間も許容範囲内!

そんなわけで私の結論は、

モイスが不安だから綾野製作所を選択肢から外す、あるいは、モイスが絶対に必要だからパモウナを選択肢から外すというほどでもない。

モイスがあるならあるなりに使用すればいいし、モイスがないなら無いなりに使用すればいい、って感じでしょうか。

長々と書いて、この結論(笑)

モイスを長年使っている方、あるいはモイスなしのパモウナを長年使っている方の感想が聞きたいです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク