浄水器って本当に必要??私が浄水栓を入れなかった理由

こちらのブログ記事、浄水器のメリットって何だろう?キッチンリフォームを機に考えてみたにも書いた通り、浄水器(正確には浄水栓)には

  • コスパに優れ、料理にもたっぷり使える
  • ペットボトルのようにゴミが出ない
  • 保管場所が不要
  • シンプルで美しいデザインでお手入れも楽

のようなメリットがあります。

せっかくリフォームするし、どうせなら浄水器も入れたいな!と思った私。

しかし、夫に相談したところ「要らないんじゃない?今まで浄水器が無くて困ったことないでしょ?」との意見でした・・・

確かに、そう言われればそうなんです。これまでに、浄水器があればな・・・と思ったことは1度もないのです(笑)

そんなこんなで、ネットで様々な口コミを検索し、私なりに答えを出しました。

私個人の感覚と感性によって導き出した答えですが、ご紹介したいと思います!

安全でおいしい水の重要性

人間にとって水がどれほど大切なものか・・・?

水の良し悪しが、健康に及ぼす影響とは・・・?

正直、フルリフォームを進めていく中で、そもそも水とは・・・というところまで突き詰めて調べる時間的余裕はありませんでした。

とにかく、水は健康の面でも美味しさの面でも、とっても大切だってことは、色んなところで見聞きします。

とりあえず、水はとっても重要!安全でおいしい水を飲もう!っていう前提で検討を進めることにしました(笑)

 日本の水道水の品質

「東京の水道水は臭くて飲めない」・・・こんなイメージ持っていませんか?

「東京の水道水」だけではなく「都会の水道水は・・・」というイメージを持たれている方もいるかもしれません。

確かに、地域によって水源が異なるため、水道水の美味しさには差があるようです。

水道水がおいしい地域

名水

例えば、静岡県や山梨県では、富士山の名水を水源としている地域があるようですし、熊本県熊本市でも、阿蘇山のミネラルウォーターで水道水が作られているそうです。

ウォーターサーバーやペットボトルで販売されているような、湧水や地下水が水道から出てくるのです!

ただし、どんなに良質の地下水であっても、水道水の品質保持の規定により、必ず少量の塩素での消毒を行っているようです。

だから、その塩素を、家庭の浄水器で取り除きたい!というのも分からなくないです。

都会の水道水

少し前にニュースでも取り上げられていましたが、東京都や大阪市で、水道水をペットボトル飲料として発売したというのをご存知でしょうか?

ペットボトル入り水道水

水道水の安全性や美味しさをPRする目的だそうです。

東京の水道水が臭かったのは昔の話で、今現在は、高度浄水処理の技術で、美味しい水になっているみたいです。

東京都では、その水道水とミネラルウォーターの飲み比べ企画を実施しているそうで、水道水の方が美味しいと答えた人も半数近かったようです。(→詳細は東京都水道局HPのこちらのページ

日本の水道水は、世界的にもかなり厳しい基準を設けていて、さらに浄水処理の技術も向上しているので、安心してそのまま飲んで大丈夫だし、美味しい!って思っておいて大丈夫ってことですね。

だったら、浄水器は無くてもいいのかな・・・とも思えてきます。

戸建住宅とマンションの水道水の違い

戸建住宅とマンションの水道水には、決定的な違いがあるのをご存知でしょうか?

私は、浄水器についての様々な口コミを読む中で、確かに・・・と改めて気が付きました。

それは、マンションの水道水の場合は、一度マンション専用の貯水槽を経由するということです。

貯水槽

それに対して、戸建住宅の水道の場合は、水道管から直結です。

なので、この貯水槽が汚れていた場合、せっかくの高品質な水道水であっても、その貯水槽で汚れた水になってしまう・・・ということです。

だから、マンションだったら浄水器は必須!という意見がありました。

貯水槽がヘドロで・・・とか、貯水槽にネズミの死骸が・・・とか、そこまで脅されたら、恐ろしくてマンションの水道水が飲めなくなってしまいますよね(T_T)

しかし・・・・!

既にマンションで暮らしている方ならお分かりだと思いますが、マンションでは定期的に(1年に1回以上)貯水槽の清掃、水質検査が実施されています。

そのお知らせには「いついつに貯水槽の清掃を実施します。清掃後は、水道水が少し濁る場合がありますので、濁りがなくなるまで水を流してください。」的な内容が買いてあるんですよね。

でも、これまでに「うわぁ、水道水濁ってる!」と思ったことは無いです。

だから、さすがに貯水槽がヘドロで・・・って状態では無いのかなぁと。

それに、貯水槽にネズミが入ってしまうような構造になっているなんて、現在の日本の技術では考えられません。

でも、でも!

貯水槽の定期的な清掃が義務付けられているということは、貯水槽は必ず汚れていくという事実の裏付けですよね。

しかも私たちが購入したマンションは、築20年程の中古マンション。貯水槽だって20年前の物です。20年前の技術で作られていますし、新品の状態から20年経過しています。

実際、貯水槽の中の覗いたり、水質検査の結果を見たことが無いので、どの程度汚れているものなのか分かりませんが、それなら浄水器があった方が気分的にも安心かな、と思ったり・・・

浄水器のフィルター(カートリッジ)の交換時期

浄水器(正しくは浄水栓)のフィルターの交換時期は、こちらのブログ記事(リクシル浄水器のフィルター(カートリッジ)のランニングコストを比較)にも書きましたが、物によって異なります。

蛇口一体型のオールインワンだと、1日20L使用なら2ヵ月で交換、1日10L使用なら4ヵ月で交換するのが目安です。

リクシル 浄水器カートリッジ

ビルトイン型だと、1日25L使用で1年で交換です。

浄水器のフィルターは、使用量によって交換時期が変わるようなんですが、ビルトイン型は使用量が少ない場合の交換時期は明記されていないんですよね。

これはおそらく、使用量が少ない場合でも1年経ったら交換してねってことを意味しています。

ここで改めて考えてみると・・・

私の貧乏性な性格上、「少しぐらい延長しても大丈夫だろう」と使用期限を過ぎても使い続けてしまうと思うのです。

2weekの使い捨てコンタクトレンズを3~4週間使ったり、賞味期限が過ぎた調味料を使ったり・・・前例がいくつもあります(笑)

ビルトイン型の浄水器カートリッジは1万円以上するものもあります。なので尚更、もったいなくってダラダラ使い続けてしまう可能性が高いです。

しかし・・・!!!

フィルターを交換しないまま浄水器を使っていると、雑菌やカビが繁殖して、普通の水道水以上に汚れた水になってしまうって情報を聞いたことがあります。

だったら、交換時期をきちんと守ればいいだけなんですが、いかんせん、水質は目に見えない&味覚で実感できるか自信がないのです(笑)

言ってみれば、浄水器の水を美味しいと実感できる自信もないし、交換時期を過ぎた浄水器の水を不味いと実感できる自信もない。

そして浄水器特有の、たらーり・・・たらたら・・・という水の出方が美味しそうに感じられない(笑)

そんなものに、初期投資として数万円、ランニングコストとして毎月1,000円前後を払い続けていくのか?!・・・自信がもてません(笑)

私の場合、そのうち浄水器を使わなくなるんじゃないかな??と思えてきます。

浄水器の水をそのまま飲むか?

浄水器の水をコップにくんで、そのまま飲む。こんな使い方すると思いますか?

実は、ネット上で、こんな書き込みも見たんです。

ぬるいので、そのまま飲む気にはなれない。

・・・・なるほど~~!!確かに!!!

冬場は大丈夫でしょうけど、それ以外の季節は、冷蔵庫で冷やした水を飲みたいですよね。

私たちの中古マンションは大阪。西日本で残暑も厳しいです。とすると、浄水器からくんだ水を、一度冷蔵庫で冷やすのでしょうか・・・?

それなら浄水ポットがおすすめ!という意見もありました。

確かに、飲料用とするなら、浄水ポットで十分です。

ついでに、お米を炊くときの水も、冷たい水の方がおいしく炊けるそうなので、冷蔵庫で冷やした水が最適です。夏場は特に。

ちなみに、我が家では普段、水道水からくんだ水をやかんで沸騰させ、麦茶を煮出して飲んでいます。夏場は冷蔵庫で冷やし、冬は常温で飲んでいます。

水道水の水も沸騰させれば、カルキ(塩素)を除去できるようだし、ま、これまで不都合はありませんでした。

結論

あれこれ口コミを検索し、出した答えはこれ。

浄水栓はなくてもいいかな・・・

理由は

  • 浄水器を通した水で、味の違いを実感できる自信がない
  • 浄水器で除去したものは目に見えない(実感しにくい)
  • フィルター(カートリッジ)交換をケチりたくなる可能性大
  • フィルター(カートリッジ)が汚れてしまう心配もある
  • 浄水器の水はぬるいので、どのみち冷やすなら浄水ポットという手もあり
  • 災害時用として、どのみちペットボトル水はストックが必須

こんな感じです。

水道水(&マンションの貯水槽)の安全性への確証は、少し疑問が残る部分がありますが、ペットボトル水浄水ポットウォーターサーバーという手段も残されていますし、後から「どうしても浄水栓が欲しい!!」となったら、水栓だけリフォームすればいいかな・・・

あくまでも私個人にとっては、浄水栓は気分的な安心・気休め的な安心しかないので、結局飲料用としてペットボトル水を購入し続けるような気がするし、カートリッジ交換のランニングコストが嫌になって浄水器は使わなくなるんじゃないかな?というのが理由です。

まぁ何より、今まで水道水をガンガン飲んできたし(煮出した麦茶ですが)、子供にもガンガン飲ませてきた私が、何を今さら・・・ってのが最大の理由です(笑)

以上、長くなりましたが、私が浄水栓を採用しなかった理由です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. こーやさん より:

    私の町の水道水には、微量ですが、土が混じっています。
    その証拠に浄水器のフィルターは3か月で交換です。
    また、毎日、浄水器でない水を使っているカップには、微量ですが、黒い土がたまります。
    そのようなことない綺麗な水道水を使用できる幸運な方は浄水器は不要でしょう。
    残念ながら、私の町の水道水はあまりきれいでないので、私のまわりの人は、飲み水は、浄水器を使うか、ペットボトルの水を買うかしています。

    • アカネ(管理人) より:

      こーやさん

      コメントいただき、ありがとうございます!
      なんと!!土が混じっているのですか!!!( ̄□ ̄;)!!

      このブログに書きたいと思いながら、まだ書けていないのですが、実は・・・浄水器を入れておけばよかったかなぁと少し後悔しています。うーん、しかも土が混ざることもあるんですね・・・ますます浄水器が欲しくなりました。
      今のところ、ペットボトルの水も買いつつ、沸かして作っている麦茶やお米を炊く水、みそ汁などは、そのまま水道水を使っているのですが、今後、ブリタか何かを検討したいと思っています。

      この度は、貴重な情報をありがとうございました!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク