パモウナと綾野製作所の食器棚の大きな違い

食器棚(キッチンボード)をお探しの方が必ず通るのは、この大手2社

  • パモウナ
  • 綾野製作所

ではないでしょうか?パッと見、どちらも似た雰囲気です。

でも、パモウナと綾野の2社の大きな違いは何なの?!・・・って気になりますよね。

ざっくりとまとめてみました。

※ちなみに、私アカネは、当初リクシルの食器棚を購入しようと思っていたのですが、なんやかんやで、現在この2社(パモウナと綾野)を検討中です。

【過去記事】

リクシル シエラの収納ユニットではなく市販のキッチンボードを探すことにした理由

通路幅が狭いキッチンの食器棚(キッチンボード)選び

1.「モイス」という素材の採用・非採用

パモウナと綾野製作所で、最も注目すべき違いは、この「モイス」ではないでしょうか。

モイスとは?

湿気を吸収、放出する機能をもった新素材です。

炊飯ジャーやスチームオーブンから出る蒸気も吸湿するので、表面が結露しないという優れもの!

今流行りの珪藻土(けいそうど)みたいなイメージですね。(※珪藻土より優れモノという情報も見かけました。)

詳細はこちら→MOISS

綾野製作所はモイスを採用

綾野製作所曰く、「モイスの力が水蒸気と臭いから守る。」そうです。

そしてそして、

適湿化素材MOISS(モイス)の調湿効果性能を10年間保証!

購入日から起算して10 年以内に、カビワレ結露が生じた場合、モイスを交換してくれるとのこと。ただし、機能低下につながらない汚れは対象外

なお、保証期間が過ぎも、有料で交換可能だそうです。

↓詳細は以下の綾野製作所のページをどうぞ↓

湿気と臭いを取り除くモイス|株式会社綾野製作所

パモウナはモイス非採用

一方、パモウナはあえてモイスを採用しないという立場。

その理由は以下の3つだそうです。

  1. モイスの表面はザラザラしていてほこりが付きやすく、汚れてもふき取れない
  2. モイスの水蒸気をためる性質は、湿気に弱い木製家具の寿命を縮める
  3. モイスは交換が必要な素材で、家具本体よりも極端に寿命が短く、交換の費用や手間がお客様の負担になる

つまり、交換不要で永くきれいに保てるかがポイント!ということですね。

そして代わりに、空気を循環させて熱や蒸気を放出するスチームリムーバーというファンが用意されています。

2.サイズ展開の違い

そして2つ目。パモウナと綾野製作所では、サイズ展開が異なるのですが、特に注目したいのは、カウンター高さと幅です。(ちなみに奥行は、両社とも45cm/50cmの2種類です。)

カウンターの高さ

パモウナのカウンター高さは2種類のみ。

  • ハイカウンター100cm
  • レギュラーカウンター85cm

それに対して綾野製作所は、3種類の高さが用意されています。

  • ハイカウンター96.3cm
  • ミドルハイカウンター91.3cm
  • ミドルカウンター86.3cm

パモウナの幅は20cm刻みで、

  • 幅100cm
  • 幅120cm
  • 幅140cm
  • 幅160cm

といった展開になっています。

それに対して、綾野製作所は、幅100cm 以上になると10cm 刻みで選ぶことができます。(※ただし、幅10cm刻み対応シリーズはSS(スイート)、LX(ラクシア)、CC(コネクトプラス)、SH(シャンティ)のみ)

3.価格の違い

そして3つ目は価格。

パモウナよりも、綾野製作所の方が全体的に高いようです。

綾野製作所の方が、細部の作りがしっかりしていたり、サイズバリエーションが豊富だったりすることから、制作コストが余分にかかるのだと思われます。

まとめ

以上、パモウナと綾野製作所の食器棚の大きな違いでした。

簡単にまとめると

パモウナと綾野製作所のちがい

  1. パモウナでは「モイス」は使っていないが、綾野製作所では「モイス」を採用している
  2. パモウナよりも綾野製作所の方が、カウンター高さや幅などのサイズ展開が豊富
  3. パモウナよりも綾野製作所の方が価格が高い

という3点ですね。

次回は、私自身がパモウナor綾野のどちらを選ぶか?今の気持ちを整理したいと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク