購入者が語る「パモウナ食器棚のここが残念!」

前回の記事→【パモウナor綾野】迷いに迷ってパモウナパモウナVZR-S1200Rを購入しました!にも書いた通り、パモウナの食器棚を購入し、ようやく我が家に納品されました。

使い勝手のレビューは、もう少し使い込んでから書きたいのですが、とりあえず気が付いた残念なポイントをご紹介したいと思います。(将来的にパモウナさんの商品が改良されることも願って・・・笑)

背面の作り

巾木よけがない

巾木よけ(幅木よけ)とはこれ↓

家具の巾木よけ(幅木よけ)

巾木よけ(幅木よけ)

パモウナに限らず、綾野製作所でもこの巾木よけはないようです。

無いのにはそれなりの理由があるのだと思いますが、オプション加工でこの幅木よけ加工ができたらいいのになぁと思います。

コンセントプラグの厚みを逃すだけの空間がない

我が家は、ちょうど食器棚の背面に位置するコンセントから電源を取ることになるので、食器棚にはプラグの厚みを逃せる凹みがあるのだろうと、勝手に期待しておりました。

↓これはカラーボックスの背面の写真ですが、私がイメージしていたのはこんな感じ。

コンセントプラグの厚みを逃す空間

では次に、パモウナの背面の写真をご覧ください↓

パモウナの背面の作り(ツライチ)

パモウナの背面

実際のパモウナの背面は見事な面一(ツライチ)

(※大塚家具の店員さんが、この背面の仕上げを「面一ツライチ)」と表現しておりました。建築用語で、突き合わされた部材に「段差がない状態」であることを指すそうです。)

ちなみに、綾野製作所の背面は面一(ツライチ)ではなかったのですが、プラグの厚みを逃せるほどの段差ではありませんでした。

ついでに、パモウナのコンセントプラグをご覧ください。パモウナのコンセントプラグ

L字ですが厚みが結構あります。

パモウナのコンセントプラグ

↑このように背面下部に位置するコンセントにプラグを刺して、ギリギリまで壁につけて設置しても、↓これだけ隙間が空いてしまうんですね~

パモウナ 背面のコンセントにプラグを刺した場合の隙間

パモウナ 背面のコンセントにプラグを刺した場合の隙間

↑このすき間、嫌ですよね~(´Д`)ホコリがたまるし、あの黒いヤツ(G)が出没して、ここに逃げ込んだらどうします!?

ちなみに私はこのすき間がイヤで、コンセントの移設(増設)のリフォーム工事をしました。詳細は別記事でご紹介します。

カウンター上のコンセント位置

これは、綾野製作所との比較になりますが、綾野製作所はカウンターの両サイドにコンセントがあるのに対し、パモウナは中央に1つです。

綾野製作所 食器棚のコンセント位置

綾野のコンセント位置

パモウナ 食器棚 コンセント位置

パモウナのコンセント位置

私は、カウンター上部にあまり家電を置かないつもりだったので、このコンセントについてはあまり気にしてなかったのですが・・・

いざ、オーブンレンジを設置してみて初めて、パモウナのコンセント位置がイマイチであることに気が付きました。

パモウナのコンセント位置が中央であることのデメリット

設置しているのは、幅50cmの中型オーブンレンジ(スチームオーブン)なんですが、中央のコンセントが丸見えになってしまうんですよ。

まぁ、別に見た目なんて気にならない方はどうでもいい話じゃない?と思ったら・・・

大間違い!!

上の写真はあくまでも、1200mm幅のパモウナに、500mm幅の中型オーブンレンジを置いている図です。パモウナの幅とオーブンレンジの幅の組み合わせによっては、コンセント部分にレンジがかぶってきますよね?

この下の写真をご覧ください。

パモウナのコンセント位置が中央であることのデメリット

パモウナのコンセントにレンジをつないだ様子

もし、もっと幅の大きいオーブンレンジだったら、このコンセントにぶつかってしまって、背面をピッタリくっつけて置くことができませんよね。(パモウナ本体の背面コンセント問題と似てる 笑)

そしたら、奥行があるオーブンレンジは、パモウナのカウンター部分に乗らなくなってきてしまいます。つまり、オーブンレンジの設置サイズの制約が多くなるということです。

パモウナも、オプションでコンセント追加ができるようですが、綾野製作所のように元々両サイドに(しかも縦に)コンセントが取り付けられている方がありがたいですよね~。

オーブンレンジも、サイドは2~5cm空けて設置して下さいという商品が多いので、ちょうどその隙間でコンセントをさせると、ベストですよね!

注意書きシール

パモウナに貼られている注意書きシール

お店の展示品には貼られていなかったのに、自宅に納品された商品にはデカデカと貼られている「注意書きシール」・・・

これがですね・・・

パモウナに貼られている注意書きシールの剥がしにくさ

はがしにくいんです!!

とにかく剥がしにくいパモウナのシール

とにかくはがしにくい!!ヽ(`Д´)ノ

短気な私は、怒り狂いそうになったくらいです(笑)

この目立つ場所に、このような中途半端なシールを貼る理由が全く理解できません!!

お風呂とか洗面台みたいに、はがさないでずっと貼っておくべきシールのような、丈夫で耐水性があるシールでもなく、かと言って、はがすことを前提としたはがしやすいシールになっているわけでもなく・・・

だって、10万円以上(場合によっては20~30万円以上)支払って、ワクワクして納品を待っているんですよ。それなのに、届いた食器棚にはデザインを損ねるシールが貼られていて、簡単にはがすことができないんですから‥‥テンション下がりますよね(笑)

食器棚本体の作りや仕上がりだけではなく、こういった細部にまで心遣いができると、もっといいのになぁと思いました。

パモウナの注意書きシールをはがした跡

パモウナのシール跡

頑張って丁寧にはがしましたが、↑このようなベタベタのシール跡・・・。

ハンドクリームをこすり付けて最終的にはきれいにしましたが、時間がかかって大変でした。(最初からドライアーで乾かすなどすれば、もっとキレイに剥せたのかもしれませんが、私がその方法を知ったのは、剥し終わってから…(T_T) )

ちなみに、ちなみに・・・

パモウナのカウンター天面にも、このような注意書きシールが貼り付けられていました↓

パモウナ カウンターに貼られた注意書きシール

こちらのシールには「このシールは破棄しないで下さい。」という注意書きがなされているのですが、水にも強そうな丈夫なシールで、ツルンときれいに剥すことができました↓

パモウナ カウンターに貼られた注意書きシール

コンセント横のシールも、同じ素材にしてよ!!ヽ(`Д´)ノ

まとめ

以上、パモウナ食器棚の残念ポイント

  1. 背面の作り
  2. コンセントの位置
  3. 注意書きシール

の3つをご紹介させていただきました。

パモウナ食器棚を検討中の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク