リクシルのシエラかアレスタか迷っているあなたへ贈るアドバイス

以前、こちらのブログ記事「リクシルのシエラとアレスタの違いはズバリこの10点!!」で、シエラとアレスタの違いをご紹介しました。

様々な違いがありますが、個人的には、シエラアレスタは大して変わらないと感じています。

でも、あえてアレスタを選択する決め手となりえるのは、

  1. アレスタの方が引出し式収納の奥行が長い
  2. アレスタの中に「絶対この色にしたい!」と思う扉デザインがある
  3. アレスタにあるひろびろシンクにしたい
  4. アレスタのパタパタくんにしたい

この4点かなと思います。

今回は、この4つポイントについて、1つ1つ、私の個人的アドバイスを偉そうに書いてみたいと思います(笑)

引出し式収納の奥行

まずは、引出し式収納(スライドストッカー)の奥行ですが、ショールームで実物を確認した方がいいのはもちろんですが、そこで見た感覚・印象だけで決めるのは危険です。

1番理想的なのは、手持ちの調理器具を全てショールームへ持って行って、実際にシエラとアレスタの中に入れてみることですが、さすがにそれは現実問題、無理ですよね(笑)

なので、自宅で、鍋やフライパン、ボウルのサイズを測って、まずはシエラのカタログの有効奥行と照らし合わせてみて下さい。

リクシル シエラのスライドストッカー内寸

シエラのスライドストッカー

※だだし、この収納例は、食洗機がないキッチンになっています。食洗機を入れる場合、中央の列の収納スペースはもっと減りますのでご注意下さい。

その上で、シエラの奥行じゃ手持ちの調理器具が全然納まらない!!というのであれば、アレスタにした方がいいです。

そして意外と見落としがちなのは以下の2点。

【1】キッチンの間口はどれくらいですか?

キッチンの間口(横幅)が比較的大きければ、その分収納スペースは広くなります。シエラでも充分な収納スペースが確保できる可能性はありませんか?

【2】キッチンの通路幅は十分に確保できますか?

アレスタのスライドストッカーを引き出した時、奥行が長い分、通路をふさぎます。引出しを奥まで引き出しても、正面に立ったりしゃがみこんだりできるだけのスペースはありますか?

ちなみに、、私の場合は・・・

  1. キッチンの間口が270cmと比較的大きかったので、シエラでも十分な収納スペースを確保できたこと
  2. 独立型キッチンで通路幅が狭かったので、アレスタの収納を奥まで引き出した時に十分なスペースを確保できなかったこと

この2点があったので、シエラにしました。(詳細はこちら→リクシルのシエラを選んだ理由&アレスタ・リシェルを選ばなかった理由

扉のデザイン

もし、アレスタの中に「絶対これがいい!!」と一目惚れした扉のデザインがあって、しかも似たようなものがシエラの中にないのであれば、迷わずアレスタにするべきだと思います。

そうではなく、「飽きのこない色デザインがいいかな・・・」「キッチンが明るくなるような色がいいかな」「トータルコーディネートしやすいように、クリエカラーにしようかな」程度の気持ちであれば、シエラの中からでも十分に選ぶことができます。

ワイドなひろびろシンク

リクシル ひろびろキレイシンクとひろびろラクリーンシンク

私個人も、とっても魅力を感じたひろびろキレイシンクひろびろラクリーンシンク。使いやすそうですよね!

でもI型キッチンであれば、間口が240cm以下の場合は、安易に選ばない方がいいです。

上の写真には「調理スペースの広さはそのまま」とありますが、間口240cm以下のI型の場合は、ひろびろシンクを選ぶと調理スペースは狭くなります

I型間口240cm以下の場合は、ショールームのスタッフの方に相談して、ひろびろシンクにした場合の調理スペース幅はどのくらいになるか、計算してもらいましょう。

その調理スペースでも作業に支障がでないかどうか、自宅のキッチンでシュミレーションしてから、ひろびろシンクの採用を検討しましょう。

リクシル ステンレスシンク

コンパクトタイプのシンク(ラクリーンコンパクトシンクやラウンド68シンク)だと、正直「もう少しシンクが大きければ流し台が使いやすいのに・・・」と感じることはあると思います。

実際私は、ファミリー賃貸マンションで、コンパクトなシンクを8年間使っていましたが、張り切って料理した時は不自由を感じたこともありました。

でも、標準的な76cm幅のラクリーンシンクやセンターポケットシンク、あるいはキレイシンクであれば、不自由を感じることはないと思います。

なので、このひろびろシンクは、調理スペースを狭くしてまで、導入するべきものではないと思っています。

パタパタくん

リクシル アレスタ パタパタくん

パタパタくんは、かつてTVCMもしていたこともあって、とても画期的で魅力的な印象を持たれている方もいるかもしれません。

でも、個人的にはこのパタパタくん、遠くない未来に廃版になると予想しています(笑)

なぜなら、リクシルの最上位機種であるリシェルSIのオプションに存在していないから。というか、パタパタくんを改善して、リシェルの「らくパッと収納」を開発したようです。

実際、「パタパタくんにしたけど使いにくかった」と買いているブログを見たことがあります。

例えば、お玉とボウルを取りそうとした時に、

  1. パタパタくんを開けてお玉を取る
  2. パタパタくんを閉める
  3. 引出しを開けてボウルを取る
  4. 引出しを閉める

という手順になって、パタパタくんのせいでアクションが増えてしまい面倒、ということでした。

ということで、パタパタくんはやめて、アシストポケットにした方が使いやすいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分がシエラでリフォームしただけに、全体的にシエラ押しの意見です(笑)

お読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク