中古マンション購入時の諸費用 その内訳は?

中古マンションを購入する場合、諸費用として何がいくらぐらいかかるのか?気になりますよね。私たちの実体験として、その内訳を公開します!

まずは、前提として

  • 購入した中古マンション
    • 売主:個人
    • 仲介:大手不動産屋
    • 価格:3,220万円
  • 住宅ローンの借入
    • 借入金額:2,500万円
    • 借入期間:35年

という条件です。では、諸費用の項目と、具体的な金額を見ていきましょう!

1.手付金

  • 支払先・・・売主
  • 金 額・・・160万円

※この「手付金」は、物件価格3,220万円の一部として充当されます。

2.仲介手数料

  • 支払先・・・不動産屋
  • 金 額・・・1,108,080円(消費税込)

※消費税がかかるのが特徴です。新築ならこの仲介手数料は発生しません。

計算式:仲介手数料(消費税8%)= 売買価格の3.24% + 6.48万円

3.住宅ローン諸費用

  • 支払先・・・住宅ローンを借りた銀行(メガバンクです)
  • 金 額・・・542,007円
  • 内 訳
    • ローン保証料 509,067円
    • 事務手数料      32,400円
    • 送金手数料           540円

※ローン保証料は、銀行によって、かつ借入額によって変動します。

4.登記費用

  • 支払先・・・司法書士
  • 金 額・・・237,399円

※司法書士によって金額は変動します。私たちは、不動産屋が連れてきた司法書士なので、割高になっていると思います。

5.収入印紙代

  • 支払先・・・国(税金)
  • 金 額・・・合計 30,200円
  • 内 訳
    • 不動産売買契約書10,000円
    • 住宅ローン契約書20,000円
    • 住宅ローン確認書     200円

 6.固定資産税等の日割り精算

  • 支払先・・・売主
  • 金 額・・・4,107円

※その年の固定資産税は、既に、1年分まとめて売主さんが支払っています。そのため、日割り計算をして精算します。私たちは年度末近くの購入だったため少額でしたが、年税額としては約12万円程です。

7.管理費・修繕積立金の日割り精算

  • 支払先・・・売主
  • 金 額・・・28,813円

※管理費&修繕積立金は、毎月、口座引落で管理会社へ支払う仕組みです。口座引落の切り替えに時間がかかるので、日割り精算+1ヶ月分の合計を売主さんへ支払っています。

8.各証明書の発行手数料

  • 支払先・・・行政(市役所)
  • 金 額・・・1,800円
  • 内訳
    • 印鑑証明書×3通・・・900円
    • 住民票×2通・・・・・600円
    • 課税証明書 ・・・・・300円

※金額としては小さいですが、いざ中古マンションを購入するとなると、売買契約までの間に、これらの書類をそろえることになります。結構バタバタです・・・

まとめ

諸費用の合計:約360万円

いかがでしたでしょうか?

結構かかりますね・・・

これらの諸費用は、基本的には貯金していた「頭金」から支払うことになります。資金計画や、中古マンション契約時の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク