中古マンションの手付金は購入価格の5%~10%?それとも・・・

今回は、以前このブログで記事にした「中古マンション購入!売買契約時の「手付金」とは?」の続編です。

手付金は不動産売買価格の10%程度?

スーモの「中古住宅を買うときの手続きと費用」のページには、

売買契約時に支払う「手付金」は、売買代金の一部となるお金(※)。金額は代金の10%程度が目安だが、実際には売主と買主の話し合いによって決められる。自分が用意できる金額を不動産会社(仲介会社)に早めに伝えておこう。なお、契約~引き渡しの間に買主の都合でキャンセルする場合、手付金は返ってこない。逆に売主からキャンセルされる場合は、手付金の2倍の金額が支払われる。

と書かれています。

私たちが中古マンションを購入した際も、某大手不動産仲介業者からもらった案内書類に、「手付金(購入物件価格の10%程度)」と書かれていました。

私たちが支払った手付金

不動産価格の5%程度

ところが、後になって確認してみると、私たちが支払った手付金10%ではなく5%程度でした。

当時は他の事に気を取られ、手付金が10%なのか5%なのか、全く気にしていなかったというのが正直なところです。特に不動産屋に相談したりもせず、言われた通り160万円支払っていた、という感じです。

購入した中古マンションは、3,220万円で売買契約を結び、手付金は160万円でした。

3,220万円×5%=161万円(≒160万円)

ですので、約5%ですね。

5%の理由を不動産屋に質問

先日、私たちを担当してくれた不動産屋の営業担当者に電話する用事があったので、手付金が10%ではなく5%だった理由について、ついでに確認してみました。

すると、

  • 当社では、基本的に不動産価格の5%~10%の範囲で手付金を設定している
  • 最初に渡した書面に10%と書いているのは、最大でも10%という意味

ということで、特に理由はなさそうでした(笑)それ以外にも、以下のようなことも教えてくれました。

  1. 不動産取引においては手付金が30万円~40万円という金額は少なすぎるので、最低でも100万円くらいは必要
  2. ただし、中には自己資金(頭金)がなくフルローンを組む人もいるので、中には100万円を切るケースも無いわけではない

ということでした。

これらの情報を総合的に判断すると、おそらく私たちのケースは「不動産売買価格×5%で計算した額が、100万円を大幅に超えているので、手付金は5%で設定した」ということかな?と思います。

不動産取引における「手付金」の役割

手付金の額を決めるにあたって見逃せないことは、そもそも何のために「手付金」が存在しているのか?ということだと思います。

スーモにも書いてある通り、

契約~引き渡しの間に買主の都合でキャンセルする場合、手付金は返ってこない。逆に売主からキャンセルされる場合は、手付金の2倍の金額が支払われる。

というのが、手付金が担っている役割です。

不動産購入では契約~引渡しまでの間が、結構時間があります。私たちのケースだと、1ヶ月ちょっと空いています。

その間、いわばその不動産を「キープ」しておいてもらうわけですから、洋服などのように無料で「お取り置き」というわけにはいかないということです。

仮に、契約~引渡しまでの間に、他にもっといい物件を見つけて、「やっぱり買うのやめます!」ということを気軽にされては困る、ということです。

不動産売買にも時価が存在しますし、売主さんにとっても大きな機会損失になってしまいます。

逆に「もっと高く買ってくれる人が見つかりそうだから、やっぱり売るのやめます。」と言われても困りますよね。

ですので、何千万円とする不動産の場合、それなりの金額の手付金がないと、売主・買主どちらにとっても「キープ」としての効力が発揮できない、とったところでしょうか。

手付金5%~10%は、あくまで目安

5%~10%というのはあくまでも目安であり、もし、それだけの現金を準備するのが難しい場合は、不動産屋や売主さんに相談してみるといいと思います。

私たちがお世話になった不動産屋は、超大手だからか「うちでは、手付金は最低でも100万円というラインが一応あります。でも、他社さんでは、もっと少ない手付金で契約に結び付けるケースもあるようです。」なんてことを言っていました。

不動産屋と売主さんがOKすれば、手付金の額をもっと少ない金額にできるということですね。

準備できる頭金(自己資金)が少ない場合や、もしくは転勤などでキャンセルする可能性もある場合などは、できるだけ手付金は少なくできるよう相談してみた方がいいと思います。

(※あるいは、頭金が全く無い場合は、「つなぎ融資」という形で、銀行からお金を借りることもできるらしいですが・・・)

手付金の時期にオススメの記事

手付金やら住宅ローンやら、なんやかんやで大忙しだと思いますが、中古住宅を購入したら、リフォームのことも並行して考えなければなりません。

是非、以下の記事もあわせてお読みください。

中古マンション購入が決定したら、すぐにリフォーム準備を開始!

中古マンション入居前にリフォームする6つのメリット

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク