電動昇降吊戸棚&手動式の必ず押さえておきたいチェックポイント

リクシル、パナソニック、クリナップ、タカラスタンダード・・・キッチンメーカー各社とも、工夫を凝らした吊戸棚を作っています。

前回のブログ記事

に書いた通り、私はリクシルのオートダウンウォールを検討したのですが、最終的には採用を見送りました。

今回は、電動昇降式の吊戸棚と、手動で降ろす吊戸棚の使い勝手の観点から、必ず押さえておくべきチェックポイントについて、ブログでご紹介したいと思います。

検討中の方は、是非、ショールームでの実物チェックにお役立てください!

電動式の場合、必ずチェックすべきポイント

収納タイプや、水切り、または食器乾燥タイプなど、中身は様々ありますが、電動昇降タイプの場合、必ずチェックしておきたいポイントがあります。

それは・・・

上げ下げする際、スイッチを1回押せばいいのか?それともボタンを押し続ける必要があるのか?

ということです。

クリナップの電動ウォールキャビネットの場合はとても分かり易いのですが、プッシュムーブとオートムーブシステムの2種類があります。

クリナップ 電動ウォールキャビネット

プッシュムーブ ボタンを押し続けて昇降するタイプ
オートムーブシステム ワンタッチで自動昇降するタイプ

私のようにせっかちな方、気が短い方の場合は、ワンタッチで自動昇降するタイプの方が断然オススメです!!

もし、検討している電動昇降吊戸棚が、ボタンを押し続けるタイプしかなかった場合は、必ずショールームで実物を動かしてみましょう。

電動昇降吊戸棚の動きは結構ゆっくりしています。その間、ボタンを押し続けることに、イライラしないか必ずチェックしましょう。

手動で下に降ろす吊戸棚の場合、チェックすべきポイント

手動で下に降ろす吊戸棚とは、以下のような商品です。

パナソニック ソフトダウンウォールユニット

パナソニック

クリナップ ムーブダウン吊戸棚

クリナップ

このタイプの吊戸棚の場合、必ず実物を動かして重いものが入った状態でも上げ下げに苦労しないか?という点をチェックした方がいいです。

そして併せて

この吊戸棚に具体的に何を収納するのか?出し入れする頻度はどの程度か?出し入れしにくくないか?

ということも明確にした方がいいと思います。

どういうことか、詳細をご説明しますと・・・

手動で手前に引き下ろすタイプは、物が滑り落ちてこないように、ストッパーになるバー?柵?が付いていますよね。

クリナップ ムーブダウン吊戸棚のストッパー

つまり・・・

吊戸棚に便利な取っ手付プラスチックケース

↑こんな感じの取っ手がついたプラスチックケースを、すべらせて出し入れすることはできません。(上の写真は、賃貸マンション時代の我が家の吊戸棚内部です。散らかっていてすみません・・・)

ちなみにこの取っ手付プラスチックケースは、100円ショップで購入しました。ケースごと下に降ろして物を出し入れできるので、吊戸棚の奥行を有効に使うことができる優れモノです!

さて・・・

パナソニック ソフトダウンウォール

↑このように写真で見る限り、下段の高さがあまりないので、奥に収納した物は取り出しにくいのでは??と思うのです。

例の100円ショップの取っ手付きプラスチックケースが使えませんから、奥の物を取り出すには、一旦、手前の物を出す必要がありそうです・・・

ですので、何を収納するのか?出し入れの頻度と出し入れのしやすさも含めて、しっかり検討しないと、「便利かと思ったら、使いにくかった・・・」なんて事態になってしまいます。

しかも、クリナップのムーブダウン吊戸棚には

  • 重いものを入れすぎないで下さい。収納物の目安は15kgまでです。
  • 収納物が軽いと、下まで降ろしても手を離すと上昇します。

なんて注意書きもあります。重すぎてもダメ、軽すぎてもダメ・・・難しいですね(笑)

この辺はメーカーによって様々でしょうから、よく確認しましょう。

まとめ

電動式にしても手動式にしても

  • 何を収納するのか?
  • 出し入れする頻度は?
  • 出し入れしやすいか?

ということを具体的にイメージして、本当に使いやすいのか?ということを冷静に判断しましょう。

そして併せて、

  • 吊戸棚以外の収納スペースで十分間に合う可能性は?
  • 普通の吊戸棚の方が使いやすい可能性は?

ということも、もう一度考えてみましょう。

そんなこんなで私は「普通の吊戸棚で十分だな」という結論に達したのです(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク