リフォームに最適な壁紙に隠された弱点とは?

壁紙のサンプルカタログをご覧になったことはありますか?

私は、購入した中古マンションをリフォームする際、生まれて初めて、壁紙のサンプルを見ました。しかも、リフォーム業者から一気に4冊もらったのです・・・

リフォーム壁紙を選ぶためのサンプルカタログ

想像を超える数の壁紙があり、「えっ・・・一体、どうやって選んだらいいの??」と呆然としてしまいました。

当初、壁紙はシンプルでオーソドックスな白っぽいものでいいかな、と思っていた私でしたが、あまりの選択肢の多さにドツボにハマって、壁紙選びは難航を極めました(´Д`;)

 参考  過去記事→壁紙の張替えリフォームでの後悔と反省点

リフォーム会社のアドバイス

困った時は、リフォームのプロに相談です。

「シンプルな壁紙がいいんですが、それでもかなり選択肢が多くて、どうやって選んだらいいのか分からないんですが・・・」と話を持ちかけてみると、

「リフォームにおすすめしているのは、厚手の壁紙です。下地の凸凹を拾いにくいので、きれいに仕上がります。」とのことでした。

リフォームの場合、既存の壁紙をはがしてから、新しい壁紙に張り替えることになります。そうすると、やはり新築のように真っさらの壁とは違い、どうしても多少凹凸が残ってしまうそうです。

その時に、薄手の壁紙を貼ると、その凸凹が壁紙の表面にも浮き上がってしまうということでした。

厚手のクロスとは?

え?

壁紙に厚手とか薄手とかあるの??

と思ったのですが、確かにサンプルカタログを見てみると、表面がモコモコして少し厚みのある壁紙もある一方、それに比べて表面が平らで薄い壁紙もあるんですね。

壁紙のメーカーによっては、サンプルの下に「リフォームにおすすめ」というマークが表示されていたり、リフォーム用の特集ページがあったりします。

それを一通り見てみると、リフォームに適しているクロスとはどんな物なのか、だいたい把握することができました。

賃貸アパートや賃貸マンションに住んだ経験がある方なら分かると思いますが、賃貸物件の壁紙は、まさにこの「リフォームにおすすめ」タイプの壁紙です。

賃貸暮らしが長い私にとっては、とても馴染みのある「定番」&「無難」な壁紙でした。

厚手の壁紙の弱点

が、しかし!!

厚手の壁紙にも弱点デメリット)があることにお気づきでしょうか?

弱点その①

それは、厚手の壁紙=モコモコ発泡タイプであるがゆえ、ひっかき傷に弱いのです。

私はこれまで、賃貸アパートや賃貸マンションで、度々壁紙にひっかき傷を作ってしまった経験があります。

壁紙とはそういうものだと思っていたのですが、「ひっかき傷に強い」と書かれた壁紙を試しに爪でひっかいてみると、確かにキズがつきにくいのです!

そして今度は、リフォームにおすすめのモコモコ発泡タイプの壁紙を爪でひっかいてみると、やっぱりあっさりとキズがつくと言うか、モコモコ部分がはがれます・・・

(※実際の生活で、壁紙にひっかき傷ができてしまう時は、爪ではなく、何か物のカドをぶつけたり擦ったりしてしまった時なのですが。)

弱点その②

もう一つは、厚手の壁紙=モコモコ発泡タイプであるがゆえ、汚れがついたときにふき取りにくいのです。

例えば、醤油とかコーヒーなんかを派手にこぼしてしまったとき、壁紙まで飛び散って汚れる可能性があります。

それが、デコボコした壁紙のミゾに入り込んでしまうと、汚れをきれいに落とし切れず、シミになってしまうんですよね・・・

モノによっては、膨らんでいる部分にそのまま醤油が浸みこんでしまい、シミになってしまう素材のクロスもあります。

よかったら、サンプルに直接、醤油やコーヒーを1~2滴たらして、ティッシュ等でふき取ってみて下さい。私は実際に実験してみました(笑)

「汚れに強い」とか「防汚加工」タイプの壁紙と比較してみると、分かりやすいと思います。

壁紙に何を求めるか?

  • リフォームに適した厚手の壁紙を採用して、仕上がりを美しくする
  • 丈夫な壁紙を採用して、ひっかき傷がつきにくくする
  • 防汚加工された壁紙を採用して、汚れがつきにくくする

などなど、壁紙に何を求めるかによって、どんな機能性壁紙を選ぶかが変わってくるんですよね。

この3つ全てを満たす壁紙があればいいのに・・・

と思って、私は、いただいたサンプルカタログの4冊全てに目を通して、探しまくりました。

でもね、なかなかコレ!!というものが見つからず、いやはや苦労しましたよ・・・(;_;)

つづきはまた別記事に書きます!

お読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まこ より:

    お久しぶりです!

    クロスの記事、ありがとうございました!
    厚手と薄手に着目!参考になります。
    そこはあまり気にしていませんでした。

    汚れ難いもの、抗菌や消臭・・・
    「なんでこの柄で消臭効果になってないの!」とか思うものが、
    結構ありました。

    汚れること、日に焼けることまで考えていると、
    どれにしたら良いのか、さらに迷ってしまい、
    「もういいや・・・」となったり。

    今は和室のクロスが思うものがなかったので、他にないのか問い合わせ中です。
    あるようでない・・・・難しいです。

    着工日目前です。もう後戻りはできないので、信じるのみですw

    • アカネ(管理人) より:

      まこさん、こんにちは!
      またしても、コメントの承認&返信が遅くなりまして、すみません(T_T)

      いよいよ着工日目前なんですね!!
      きっと素敵なリフォームが実現することと思います!

      私は、「もっとこうすればよかった…」というのが、いくつかありますが、時間の経過とともに、それはそれで何とも思わなくなってきました(笑)

      >「なんでこの柄で消臭効果になってないの!」
      >「もういいや・・・」
      ↑これも、ホント共感できます!!そうですよね、壁紙選びは迷いに迷って、くたびれますよね(^_^;)
      私は最後、血迷って、(私にしては)結構大胆な色選びというか、アクセントクロスを導入しました。
      その辺のことも、おいおい記事に書くつもりです。

      まこさんのリフォームに間に合わなくて申し訳ありませんが、もし気が向いたら、今後も時々覗きに来てください^_^
      まこさん宅のリフォーム完了後の感想なども教えていただけると嬉しいです♪

  2. まこ より:

    お久しぶりです!
    壁紙クロスはカタログに貼られているものより少しだけ大きなサンプルを
    取り寄せてもらいました。

    >私は最後、血迷って、(私にしては)結構大胆な色選びというか、アクセントクロスを導入

    我が家もDKと自分の部屋をアクセントクロス風に一面だけ変えてみることにしました。

    クロスのサンプルを見て、「ま、いいじゃん!もう分からない!」で片付けてしまいましたw
    というのも、築40年近いだけあって、「えー!!聞いてないよー!」という
    想定外の問題が出てきて、クロスどころじゃなくなったんです。
    想定外の費用がああああ。だけど、ちゃんとしておかないと!と思って、
    「よし、やろう!」と、踏み切ったと思えば、次の問題が出てきてしまい、
    今は、それで悩み中です。

    終わりよければ全て良しになれば良いのですが、まだしばらく解決しなさそうです。
    時間も限られているので、何かしら決断しないとけない日が、直ぐそこに!?

    ということで、リフォームって大変ですね!(今さら)

    • アカネ(管理人) より:

      まこさん、お久しぶりです!近況報告ありがとうございます!!

      まこさんもアクセントクロスにしたんですね(^_^)
      私自身は、アクセントクロスを結構気に入っていて、どうせならもっと濃い色とか、柄ものとかでもよかったかなぁなんて思っているくらいです。

      しかし、築40年の一戸建てでしたら、やっぱり想定外の問題がでてくるんですね・・・(>_<) マンションの一室をリフォームするのとは違って、基礎や屋根や外壁もありますもんね。 想定外に時間もお金もかかると大変ですが、まこさんの努力のかいあって、きっと解決ビフォーアフターのような感動でフィナーレを迎えることができると思います!! 頑張ってください!!

  3. まこ より:

    >私自身は、アクセントクロスを結構気に入っていて、どうせならもっと濃い色とか、柄ものとかでもよかったかなぁなんて思っているくらいです。

    実際に設備や家具なんかを置いて生活し始めると、いろいろ思うところが出てくるのでしょうね。

    >しかし、築40年の一戸建てでしたら、やっぱり想定外の問題がでてくるんですね
    それが想定していなかった3桁万円だったんです。
    田舎で土地区画が複雑な場合で、築年数が経っているような家では、ないこともないようなことをリフォーム会社の方は言っていました。
    「それなら、最初から言ってくれよ…」と思いましたが。

    築年数が経っているだけに、どこにどこまでコストを掛けるのか判断が難しいです。
    もう少し悩んだり家族と喧嘩しながら進めていきます!

    そういえば、アカネさんはリフォーム完成のとき、お礼をしましたか?
    お礼をどうしようかなと考えています。

    • アカネ(管理人) より:

      まこさん

      後から追加工事を提案されて、3桁万円アップということでしょうか??
      恐ろしいですね((((;゚Д゚))))
      ほんと、最初から言ってくれよ…です(+_+)

      えーと、リフォーム完成のお礼というのは、職人さんへの心づけとかでしょうか?
      工事期間中に一度だけ現場に足を運んだときは、職人さんへお菓子と飲み物を差し入れしましたが、完成時はちょっと都合がつかなくて、行けなかったんですよね。
      後日夫が、社長さん(営業担当)のみ立ち合いのもと、現場を確認しに行ったときは、確か、簡単な菓子折りだけ持って行ったような気が・・・いや、手ぶらだったかな??

      という感じで、それをお礼と言えるのかどうか微妙ですが、その程度でした。
      ただ、その辺の温度感は、住んでいる地域や世代によって大きな差がありそうですよね(^^;)

  4. まこ より:

    >後から追加工事を提案されて、3桁万円アップということでしょうか??

    老朽化の見落としといいえば良いのかな。盲点というかなんというか。
    やらなきゃいけないのは分かったけど、あれやこれやとリフォーム代が嵩んでいるから、ちょっと待って!
    状態でした。住み始めて一大事になる前にやっておこう!ということで、厳しいですが決断しました。
    水道関係の工事です。

    >えーと、リフォーム完成のお礼というのは、職人さんへの心づけとかでしょうか?

    職人さんやリフォーム会社の方に、感謝の気持ちとしてお礼をしたいなと思っていて。
    普段、お茶出しができないので、お茶や缶コーヒーのケースで…
    という感じで、なんだか味気なくて申し訳なく思ったり。
    ネットで調べていると、皆さんいろいろで、難しいなと。
    ビール券を少しだけ?とかどうなんだろ?と思ったりしています。
    だけど、スーパーのビール価格と比べると、無駄にビール券は勿体無いなぁと思ったり…w

    >ただ、その辺の温度感は、住んでいる地域や世代によって大きな差がありそうですよね

    こういうのって、地域で随分違いますよね。
    住んだことのない地域なので分かりませんが、まぁほどほどにしたいと思います。
    ありがとうございました!

    • アカネ(管理人) より:

      まこさん

      こんにちは!
      なるほど~、水道関係の工事ですね(+_+)
      私も、リフォーム工事が終わった後に、ハッと配管のことが頭をよぎりました。ネットで検索すると、赤錆がビッシリの画像なんかが出てくるので、そいうえばそこは大丈夫だったのかな?と、リフォーム会社の人に尋ねました。幸い私のマンションは、そういった赤錆が出ない樹脂製?の配管に切り替わった後に建設されているので、配管は問題ありませんでした。とのことでした。
      目に見えない部分って、素人には全く分からないですよね・・・。でもとりあえず、まこさんは工事を決断されたとのことで、後々安心ですね!

      職人さんやリフォーム会社の方へのお礼ですが、私の実家(超ド田舎)でも、何かのお礼や御祝として、お茶や缶コーヒー、ビールをケースで渡すことはよく見かけます!ケースに熨斗紙をつけたり、一升瓶のお酒に熨斗紙をつけたりしていたと思うのですが、熨斗紙をつけたら決して味気ないことはない気がします!

まこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク