浄水器のメリットって何だろう?キッチンリフォームを機に考えてみた

あなたは、浄水器のメリットを知っていますか?浄水器のメリットって何だと思いますか?

私自身、これまで飲料用&お米を炊く用に、ミネラルウォーターを購入していたことはありましたが、浄水器が欲しいと思ったことは無いのです。

でも、購入した中古マンションのキッチンリフォームで、リフォーム会社の方がオールインワン浄水栓(一体型浄水器)を入れて見積もり書を作ってくれたことをきっかけに、そもそも浄水器って何がいいの?ということを調べてみました。

浄水栓ならではのメリット

リクシルHPの「浄水栓の選び方」というページに、浄水栓のメリットが紹介されていました。それをベースに、私個人の意見も加えてご紹介します。

浄水栓はお財布と地球にやさしい

浄水栓のメリット

※画像はリクシルHPよりお借りしています。

まずはコストパフォーマンス。

ペットボトルの水は、安売りしているもので、2Lで100円くらいです。つまり、50円/L。それに対し、浄水栓はカートリッジ費用を計算すると2~3円/Lだそうです。

10分の1以下という価格にビックリです!

そして、浄水栓ならペットボトルのようにゴミも出ません。ペットボトルはリサイクルごみ(あるいは資源ごみ)になりますが、フィルムやキャップを分別したり、潰したり・・・ちょっと面倒ですが、それも不要というのは良いですよね。

浄水栓は保管場所が不要

ペットボトルの水や、ウォーターサーバーは、保管場所が必要になります。うまく宅配を利用したとしても、ある程度は家庭でもストックを持つことになります。

ペットボトルは資源ごみ回収日まで、ウォーターサーバーであれば、回収日まで空タンクの保管が必要です。

でも、浄水栓なら、せいぜいカートリッジの予備だけ。ビルトイン用カートリッジであれば、1年に1回の交換なので、予備をストックする必要もないかもしれません。

マンションは一戸建てに比べると、やはりキッチンも家全体も狭い傾向にあるので、水のようにかさばって重いものを保管する場所を確保するのも一苦労ですが、浄水栓ならそれが不要というのは、大きなメリットだと思います。

浄水栓なら料理にもたっぷり使える

コスパに優れているので、コストを気にせず、料理にもたっぷり使えます。

お米を炊く水だけでなく、お米を洗う水から惜しみなく使うのは、ペットボトルやウォーターサーバーでは無理かなと思います。

お味噌汁を作る水や、野菜を茹でる水なんかにも、惜しみなく使えるのは、浄水栓だけでしょうね。

浄水栓はスッキリ美しい

後付けの浄水器もありますが、シンク周りが狭くなったり、接続部分に汚れがたまったり・・・というのが気になります。

後付け浄水器のデメリット

※画像はリクシルHPよりお借りしています。

実際、実家で蛇口直結型の浄水器を取り付けていましたが、細かい部分に汚れがたまっていき、逆に、浄水器を通した水への抵抗感を感じるようになりました(笑)

でも、リフォームを機に浄水栓を入れれば、スッキリ&シンプルな水栓で、見た目にもキレイでお手入れも楽です。

リクシル浄水器専用水栓

浄水器カートリッジのランニングコスト

詳しくは、こちらのブログ記事「リクシル浄水器のフィルター(カートリッジ)のランニングコストを比較」に書いていますが、だいたい月に1,000円くらいです。

ペットボトルの水であれば、2L×10本分くらいの料金です。

ウォーターサーバーは月々の最低コストが4,000円ちょっとかかるようなので、浄水器はだいぶ安いですよね。

まとめ

浄水器の最大のメリットは、通常の水道と同じように使えるっていうところですね。

これまで宅配でペットボトルの水を買っていた私ですが、場所をとって邪魔だったり、注文し忘れて切らしてしまったり・・・といったことがあったので、リフォームを機に浄水器をいれてみてもいいかもな~と思いました。

つづく

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク