地震保険を正しく理解する!主婦目線からのカンタン解説

地震保険に限らず、保険ってまぁとにかく難しいし面倒ですよね・・・

私は、保険の専門家でも何でもない普通の主婦ですが、先日、地震の被害にあって地震保険からお金が下りました。

そんな経験者の立場から、地震保険についてシンプルに解説してみます。

関連記事 マンションも地震保険は必須!震度6弱で〇〇万円おりた我が家の場合

参考文献 地震保険制度の概要|財務省

スポンサーリンク

地震保険とは?

まずは、地震保険の基本的な仕組みについて簡単にご紹介します。

地震による火災・津波・液状化被害も補償してくれる唯一の保険

地震により発生した火災は「火災保険」の対象外であることをご存知ですか?

「津波」による浸水被害等も、火災保険の「水災」の対象外です。

地震による火事津波液状化による被害を補償してもらえるのは「地震保険」だけです。

地震保険は「建物」だけではなく「家財」も対象にできる

地震保険の対象は「建物」だけではありません。

補償の対象を「建物」と「家財」から自由に選択することができます。

  • 「建物」と「家財」の両方
  • 「建物」のみ
  • 「家財」のみ

せっかく地震保険に入るなら建物家財の両方に加入しておくのが1番安心です。

※状況によっては「建物」のみ or 「家財」のみに加入するという選択肢もアリです。
(具体例:賃貸住宅なら「家財」のみ)

地震保険は火災保険とセット加入する仕組み

地震保険は単体で加入することができません。

火災保険に地震保険を付帯する(セットで加入する)仕組みです。

つまり、火災保険はA社、地震保険はB社とバラバラで加入することはできません。

すでにA社の火災保険に加入している場合は??

  1. 契約期間の途中からでもA社の地震保険に追加加入する
  2. A社は途中解約してB社へ乗り換え、B社で火災と地震の両方に加入する

どちらでもOKです。

アカネ
アカネ

火災保険を途中解約しても保険料がムダになることはないので、これを機に火災保険から見直しをして地震保険とセット加入する方が賢い選択です。

火災保険の見直しをするならこちら
\簡単3分入力で無料/
火災保険の一括見積もり

地震保険はどの保険会社で加入しても同じ保険料&補償

保険に入るなら、できるだけ安い保険料手厚い補償を受けたいですよね。

でも、地震保険はどの保険会社で加入しても、保険料や補償内容に差は出ません。

これは地震保険が、国の法律に基づいて政府と損害保険会社が共同で運営しているという特殊な保険だからです。

じゃあ、お得な地震保険に加入することはできないの?!

アカネ
アカネ

ちょっとしたコツがあります。
今、加入している火災保険は、勧められた保険にそのまま加入しませんでしたか?
別会社の火災保険に乗りかえれば、保険料が安くなる可能性大です!浮いた保険料で地震保険の保険料をまかなえるかもしれません。

安い火災保険を探すならこちら
火災保険の一括見積もり

参考文献 地震保険のしくみ|日本地震再保険株式会社

地震保険の保険期間

地震保険の保険期間は最短1年、最長5年です。

火災保険は10年長期一括払があるので、地震保険は火災保険ほど長期で契約することができないんですね。

  • 地震保険の保険料は、今後少しずつ値上がりしていく
  • 地震保険は長期契約すれば、保険料が割引される

という2点から、地震保険は最長の5年長期契約が最もお得です。

※ただし、火災保険も5年 or 10年の長期一括払が必要なので、状況によって地震保険は1年の自動継続となります。

スポンサーリンク

地震保険の保険料を左右する様々な条件

地震保険は、建物と家財の保険金額だけではなく、様々な条件で保険料が上下します。

さらには、保険料の割引制度も存在します。

あなたの住まいの場合では、地震保険に比較的安く入れるのか?それとも高くなるのか?イメージできるように解説します。

建物の所在地(都道府県)による保険料の違い

地震保険の保険料を最も大きく左右するのは、建物の所在地(都道府県)です。

地域によって、大地震の発生リスク地震発生時の被害状況が異なるため、都道府県別に年間保険料が定められています。

地震保険が最も安い都道府県と比較したときに、保険料が何倍になるか?を、

  • イ構造(主として鉄筋コンクリート造
  • ロ構造(主として木造

に分けて表にしてみました。

保険料が安い地域から順にイ構造ロ構造
岩手県・秋田県・山形県・栃木県・群馬県・富山県・石川県・福井県・長野県・滋賀県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・鹿児島県1倍
基準値
1倍
基準値
福島県1.09倍1.31倍
北海道・青森県・新潟県・岐阜県・京都府・兵庫県・奈良県1.19倍1.34倍
宮城県・山梨県・香川県・大分県・宮崎県・沖縄県1.40倍1.61倍
愛媛県1.76倍2.09倍
大阪府1.94倍2.09倍
徳島県・高知県1.99倍2.80倍
茨城県1.99倍2.45倍
埼玉県2.29倍2.45倍
愛知県・三重県・和歌山県2.51倍2.54倍
千葉県・東京都・神奈川県・静岡県3.31倍3.18倍

最も保険料が高い地域は、最も安い地域の3倍以上になるんですね・・・

首都直下型地震南海トラフ大地震の被害が予想されている地域は、やはり高めの保険料です。

※この都道府県別の保険料は、今後改定されていきます。(次回は2019年1月1日

建物の耐火・非耐火による保険料の違い

火災保険と同様に、地震保険でも耐火建築物(鉄筋コンクリート造のマンション等)の方が保険料は安くなります

非耐火(木造住宅等)の場合は、耐火の1.61~2.36倍の保険料になります。(都道府県により異なる)

※通常の木造戸建住宅は「非耐火建築物」ですが、見かけは普通の戸建住宅でも「耐火建築物」「準耐火建築物」「省令準耐火建築物」に該当する場合があります。

建物の構造や建築年による割引

地震に強い構造であればあるほど、保険料は安くなります。

割引区分割引率
免震建築物割引50%
耐震等級割引耐震等級350%
耐震等級230%
耐震等級110%
耐震診断割引10%
建築年割引(1981年6月1日以降新築)10%

注意点は

  • いずれも確認資料の提出が必要
  • 重複して割引の適用をうけることはできない

※「長期優良住宅」に認定されているか?「耐震等級」がついているか?など、公的資料をもとに確認が必要です。

長期契約(2年~5年の一括払)による割引

地震保険は、長期一括払すればするほど、若干ですが保険料は安くなります。

一番割高の1年払と5年一括払を比較すると、1年あたりの保険料は約10%ちょっとの割引になります。

以下の保険料はあくまでも一例ですが、最大で5年で12,000円お得になります。

長期係数保険料(例)1年あたり差額
1年22,050円22,050円0
2年1.9041,925円20,963円1,088円
3年2.7560,675円20,225円1,825円
4年3.6079,425円19,856円2,194円
5年4.4598,250円19,650円2,400円

※この割引率も、今後改定予定です。(次回は2019年1月1日

スポンサーリンク

地震保険の契約内容(補償範囲)

次は、地震保険からお金が下りる時の仕組みを簡単に説明します。

地震保険は最大でも火災保険の半額まで(損害保険金限度額)

例えば…6,000万円で購入したマンションだからと言って、地震保険の保険金額(=補償してもらえる額の上限)を6,000万円で契約することはできません。

地震保険の保険金額(=補償してもらえる額の上限)は、建物・家財ともに、以下の範囲内で設定することになります。

  • 地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30%から50%に相当する額の範囲内
  • 建物の加入限度額は5,000万円、家財の加入限度額は1,000万円

保険金額を高く設定すれば、それだけ保険料も高くなります。

逆に、保険料を安く抑えるために、保険金額を低めに設定することもできます。

 

 具体例 

保険金額火災保険地震保険(上限)
建物3,000万円1,500万円
家財1,000万円500万円

この契約内容なら、最大合計2,000万円が支払われるという仕組みです。
(建物全損1,500万円+家財全損500万円=2,000万円)

地震保険から支払われる保険金の計算方法

次は、地震保険から支払われる保険金額はどのように計算されるのか?解説します。

損害区分(全損・大半損・半損・一部損)によって支払われる保険金が計算される

建物は建物、家財は家財で、それぞれ別に損害の程度をチェックします。

全損大半損小半損一部損のいずれかに該当する場合は、以下の計算式で保険金が支払われます。

損害区分建物家財
全損保険金額の100%保険金額の100%
大半損保険金額の60%保険金額の60%
小半損保険金額の30%保険金額の30%
一部損保険金額の5%保険金額の5%
※一部損にも該当しない場合は、保険金は1円もおりません。

具体例建物1,500万円&家財500万円で地震保険をかけていたとすると…

認定区分建物家財もらえる
保険金合計
保険金額1,500万円500万円
全損(100%)1,500万円500万円2,000万円
大半損(60%)900万円300万円1,200万円
小半損(30%)450万円150万円600万円
一部損(5%)75万円25万円100万円

一部損でも、合計100万円の保険金がおりるという仕組みです。
ちなみに、おりた保険金の使い道は自由です。

全損・大半損・小半損・一部損に認定される基準

地震による被害があった場合、保険会社の社員さん等が直接自宅まで来てくれ、損害認定(全損・大半損・小半損・一部損のいずれかに該当するかどうかの確認)を行ってくれます。

地震保険損害認定基準」に基づいたチェックシートを片手に、1つ1つ丁寧に確認してくれます。

この時、壊れた物の購入金額や修理金額は関係ありません。細分化されたチェックリスト上で、いくつの項目に該当するかで損害割合を出します。

  • 実際の修理費用を証明する見積書や領収書は不要
  • 市などが行う被害認定調査による「罹災(りさい)証明書」も不要
  • 受け取った保険金の使い道は自由

「全損」と言っても、“主要構造部(基礎・柱・屋根など)の損害額が建物の時価額の50%以上”という基準なので、全損=家が完全にペチャンコにつぶれる というわけではありません。

例えば、液状化などによる地盤沈下が起こった場合、家の傾きの角度が約1°以上になれば全損認定されます。

損害区分認定基準
建物家財
全損主要構造部の損害の額が
建物の時価額の
50%以上
家財の損害額が
家財の時価額の
80%以上
焼失・流失した部分の床面積が
建物の延床面積の
70%以上
大半損主要構造部の損害の額が
建物の時価額の
40%以上50%未満
家財の損害額が
家財の時価額の
60%以上80%未満
焼失・流失した部分の床面積が
建物の延床面積の
50%以上70%未満
小半損主要構造部の損害の額が
建物の時価額の
20%以上40%未満
家財の損害額が
家財の時価額の
30%以上60%未満未満
焼失・流失した部分の床面積が
建物の延床面積の
20%以上50%未満
一部損主要構造部の損害の額が
建物の時価額の
3%以上20%未満
家財の損害額が
家財の時価額の
10%以上30%未満
全損・大半損・小半損に至らない場合
床上浸水または地盤面から
45㎝を超える浸水

※勘違いされがちですが、地震保険の損害認定は、国が定めた「災害に係る住家の被害認定基準運用指針」による「全壊大規模半壊半壊・半壊に至らない一部損壊」とは別物です。

参考文献 地震保険基準料率|損害保険料率算出機構

スポンサーリンク

2019年1月1日の地震保険の改定(保険料アップ)

地震保険は、段階的に値上がりすることが決まっており、次回は2019年1月1日です。

2019年1月1日の改定以降も、もう1度改定することは決まっていますが、時期や詳細は未定です。

地震保険への加入を検討している方は、お急ぎ下さい。
check 火災保険の一括見積もり

 

参考文献 2019年1月の地震保険制度改定の概要|日本損害保険協会

都道府県別の年間保険料の改定率

保険料率は全国平均で約 3.8%の引上げとなりますが、中には値下げされる都道府県もあります。

地震保険が安い地域から順にイ構造 改定率ロ構造 改定率
岩手、秋田、山形、栃木、群馬、富山、石川、福井、長野、滋賀、鳥取、島根、岡山、広島、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島+4.4%+1.8%
北海道、青森、新潟、岐阜、京都、兵庫、奈良▲3.7%▲11.8%
福島+14.9%+14.1%
宮城、山梨、香川、大分、宮崎、沖縄+12.6%+7.1%
愛媛0%▲5.9%
大阪府▲4.5%▲5.9%
愛知、三重、和歌山▲15.8%▲14.5%
茨城+14.8%+14.7%
埼玉+14.1%+14.7%
徳島、高知+14.8%+14.4%
千葉、東京、神奈川、静岡+11.1%+7.2%

ほとんどの都道府県で数%~15%近い値上がりが決まっていますので、地震保険の加入を検討している方は急ぎましょう。

↓無料で利用できます。
火災保険の一括見積もり

長期契約の保険料 割引率が悪くなる

もう1つの改定は、2年~5年の保険料一括払の割引率の改定です。

これまでは、5年一括払で1年あたりの保険料換算で約10%割引になっていたのが、改定後は約7%割引になるといったように、割引率が少し悪くなります。

参考 2019年1⽉以降の地震保険の⻑期係数

保険期間改定前改定後増減率
2年1.91.90.0%
3年2.752.8+1.8%
4年3.83.7+2.8%
5年4.454.6+3.4%
スポンサーリンク

まとめ

  • 地震保険に入ろうか気になっているけど、よく分からないし面倒くさい…
  • 次の火災保険の更新の時に、考えようかな…

と思っている方は、是非、地震保険の値上がり前の加入をご検討ください。

今より安い火災保険に乗り換えて、地震保険にもセット加入するのがお得です。
火災保険の一括見積もり
※簡単3分入力で無料で利用できます。

ちなみに我が家は、最大震度6弱の「大阪北部地震」の被災し、大した被害はなかったのですが、それでもアッサリと一部損認定され地震保険が下りました。

詳細記事 マンションも地震保険は必須!震度6弱で〇〇万円おりた我が家の場合

しかも、地震保険に加入したのは地震発生の9カ月前!

あの時、面倒でも火災保険を見直して、地震保険にも加入しておいてよかった!と思いました。

この記事が、あなたの地震保険加入のきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク
地震保険
アカネをフォローする
このブログを書いている人
アカネ

サラリーマンの妻で、30代後半2児の母です。
築20年程の中古マンションを購入し、フルリフォームして暮らしています。
細かいところにこだわったリフォームの体験談やレビューを中心に、ブログで熱く語っています!

アカネをフォローする
中古マンション購入&リフォーム経験を語りつくすブログ

コメントをどうぞ!