リクシルのアレスタとリシェルSIの違いはズバリこの14点!!

リクシルのシステムキッチンで売れ筋のアレスタリシェル

アレスタリシェル(正しくはリシェルSI)の違いについて、画像付きでまとめてみました!

※以下、リクシル公式HPやWEBカタログからお借りした画像を元にしています。

スポンサーリンク

アレスタよりリシェルSIの方が価格帯が上

リクシル リシェルSIとアレスタの価格帯の違い

※リシェルSIとリシェルPLATの違いについては、「リシェルSIとリシェルPLATは同じリシェルだけど全然違う?」でまとめています。

リシェルSIはリクシルが発売しているシステムキッチンの中で、最も価格が高くハイクオリティの商品です。

リシェルSIは、高いだけの理由があります。

この記事を最後までお読みいただければ、リシェルSIの値段が高くなることに納得できるはずです。

リフォーム会社紹介サイト
ホームプロでは、オールLIXIL無金利リフォームローンキャンペーンを実施中です。予算オーバーで迷っている方は、要チェックです!
ホームプロは、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト」です。
スポンサーリンク

リシェルSIは、アレスタより扉と取っ手のデザインが豊富

アレスタでは、扉の価格帯はグループ1からグループ4までの4段階、扉は45種類、取っ手は10種類のデザインがありました。↓

リクシル アレスタの扉デザイン

アレスタ

 

それに対してリシェルSIは、扉の価格帯はグループ1からグループ7までの7段階、扉は55種類、取っ手は16種類もあります。

リクシル リシェルSIの扉デザイン・カラー一覧

  • 天然木を使った扉や「鏡面」加工した扉など、より高級感アップ
  • 価格ごとにグループ分けされており、グループ1が一番安くグループ7が一番高い
  • グループ1とグループ7の差額は定価で747,000円(壁付I型・間口255cm・奥行65cm・らくパッとプランの場合)

さらには、リシェルSIは、リクシルのインテリア建材(室内ドア等)とおそろいにできるキッチン扉が1種類増えます。

キッチン扉リシェルSIアレスタ対応する
LIXILインテリア建材
クリエカラークリエカラー
クオリティウッドラシッサDラテオ
シンプルフレームなしラシッサDパレット

システムキッチンっぽさがないシンプルフレームシリーズは、ナチュラルで少しレトロな雰囲気のインテリアが好きな方は要チェックです。

リシェル クオリティウッドシリーズ×室内ドア「ラシッサD ラテオ」

リシェルSI シンプルフレームシリーズ×室内ドア「ラシッサDパレット」

スポンサーリンク

リシェルSIは斜めに開く「らくパッと収納」が標準装備

らくパッと収納」とは、扉が斜めに傾くリシェルSIだけの引き出しです。

リクシル リシェルSI らくパッと収納

リシェルSIの「らくパッと収納」

  • テコの原理で、重い扉も楽に引き出せる
  • 楽な姿勢で取り出せる
  • 標準装備で追加のオプション料金不要

※リシェルSIでは「らくパッと収納(シェルフ付)」が標準装備ではありますが、スタンダードなスライドストッカーや、アシストポケット付のスライドストッカーを選ぶことも可能です。その場合は、料金がマイナスされるという仕組みです。

 

アレスタにはらくパッと収納はありませんが、その代りパタパタくんというドアポケットがオプションであります。

リクシル アレスタ パタパタくん

アレスタの「パタパタくん」

逆に、リシェルSIではこのパタパタくんをオプションでつけることはできません。

スポンサーリンク

 リシェルSIはワークトップの素材が豊富

アレスタのワークトップは、人造大理石が5種類、ステンレスが2種類の、計7種類のみです。

リシェルSIは、なんと!人造大理石が9種類、ステンレスが2種類、さらにリシェルSIの最大のウリとも言えるセラミックトップが6種類あります。

リシェルSIだけのセラミックトップ

セラミックトップは、優れた耐久性をもち、熱やキズに非常に強い素材です。

熱々のフライパンをそのまま置いたり、まな板なしで包丁で切ることも可能です。

リクシル リシェルSIのセラミックトップ

リシェルSIのセラミックトップ

そして何と言っても、これまでに見たことがない個性的で味のある風合い。

リシェルSIだけのステンレストップ「ソフトスクラッチ」

あわせて、個人的に注目してほしいのは、ステンレストップ

アレスタのステンレストップはシルクエンボススムースドットエンボスの2種類ですが、リシェルSIのステンレストップは、スムースドットエンボスソフトスクラッチの2種類です。

このソフトスクラッチというステンレストップはしっとりとした光沢と手触りで高級感があり、スムースドットエンボスやシルクエンボスとは全く異なる質感です。↓

リクシル リシェルSI ソフトスクラッチ ステンレストップ

リシェルSIのステンレストップ「ソフトスクラッチ」

さらには・・・

アレスタの場合、センターキッチン(キッチンの正面に壁や棚がないスタイル)ではステンレストップを選ぶことができませんでした。

リシェルSIのソフトスクラッチというステンレストップなら、センターキッチンにも対応しています。

リクシル リシェルSI ソフトスクラッチ

ただ、このセラミックトップもソフトスクラッチのステンレストップもオプション料金が高く、間口255cm・奥行65cmの壁付I型で、定価で+195,000円(税抜)です。

スポンサーリンク

リシェルSIはハイブリッドクォーツシンクも選べる

リシェルSIのセラミックトップと組み合わせが可能な「ハイブリッドクォーツシンク」という新しいシンクも用意されています。

リシェルSI ハイブリッドクォーツシンク 黒いシンク

  • 3色から選べてセラミックトップとカラーコーディネートが可能
  • 見た目の高級感
  • 耐摩耗性・耐衝撃性・耐熱性・耐汚染性を兼ねそなえた素材
  • 排水口が見えないきれいな形状
  • 水が流れやすいナイアガラフロー方式

ただし、このハイブリッドクォーツシンクを選べるのは、セラミックトップにした場合のみです。(セラミックトップ+ステンレスシンクという組み合わせは可能です。)

その他のシンクについては、リシェルSIとアレスタ共通です。

シンクのタイプリシェルSIアレスタ
ハイブリッドクォーツシンクなし
人造大理石ひろびろ
キレイシンク
キレイシンク
ステンレスひろびろ
ラクリーンシンク
Wサポートシンク
スキットシンク
ラウンド68シンク
スポンサーリンク

リシェルSIならワークトップの高さが5段階

アレスタの場合は、ワークトップの高さは、80cm、85cm、90cmの3段階だけでした。

一方、リシェルSIは、80cm、82.5cm、85cm、87.5cm、90cmと、全部で5段階の高さが用意されています。

リシェルSIのワークトップの高さ

スポンサーリンク

リシェルSIはステンレスキャビネットとキャビネットの色も選べる

ステンレスキャビネットとは、キッチンの本体部分が木製ではなくステンレス製になっているものです

プロの厨房でも使われており、汚れやサビに強く臭い移りも少ないのが特徴です。

リクシル リシェルSIステンレスキャビネット

ただし、ステンレスキャビネットへの変更にはオプション料金が必要で、壁付I型の間口255cm・奥行65cmの場合、+112,000円です。

さらにリシェルSIは、扉色に合わせて、キャビネットの色(スノーホワイトorスレートグレー)も選べます。

リシェルSI 扉色に合わせて選べるキャビネットカラー

リシェルSIアレスタ
木製キャビネット
(引出し底板メラミン)
-51,000円(※)標準仕様
+0円
木製キャビネット
(引出し底板ステンレス)
標準仕様
+0円
+51,000円(※)
キャビネットカラー+0円(※)なし
ステンレス製キャビネット+51,000円(※)なし

※間口255cm/奥行65cm/扉グループ1を標準とした場合

アレスタでも、引出しの底板だけは、メラミンかステンレスを選ぶことが可能です。

スポンサーリンク

リシェルSIはセンターキッチンのダイニング側スタイルの種類が増える

これはセンターキッチン(リビング側からもワークトップが全面見えるスタイル)の場合のみになりますが・・・

リシェルSIは、アレスタよりも、センターキッチンのダイニング側のスタイルの選択肢が増えます。

シエラ ペニンシュラI型のダイニング側

アレスタ

 

リシェルSI センターキッチンダイニング側スタイル

リシェルSI

特にフロートタイプは、キッチンに変化をもたせて、雰囲気ある空間を作り出してくれます。

タイプリシェルSIアレスタ
開き扉なし
1段引出し付
開き扉
ハーフ収納
テーブル
フロート引出しなし
フロート開き扉なし
奥行75cm
スポンサーリンク

リシェルSIは対面キッチンユニットが6種類

次は、リビング側からワークトップが見えないスタイルの対面キッチンです。

アレスタの対面キッチンユニットは、ベースはこの1種類だけ。↓

リクシル アレスタ 対面キッチンユニット

アレスタの対面キッチンユニット

 

アレスタ 対面キッチンユニットの側面

アレスタの対面キッチンユニット(側面2パターン)

↑側面だけ上の2種類から選べるかたちでした。

 

一方、リシェルSIは、以下の5種類にアレンジ可能です。↓
リシェルSI 対面キッチンユニット

しかも、このキッチン側手元収納というオプションもあり、非常に便利そうです。↓

リクシル リシェルSI キッチン側手元収納

リシェルSIのキッチン側手元収納

キッチン側手元収納のオプション料金は、定価で+78,000円です。

スポンサーリンク

リシェルSIはさらに便利なウォールユニットがある

リシェルSIは、さらに便利で使いやすいウォールユニット(キッチン上部の吊戸棚)があります。

このクイックポケットや、2段になったクイックパレットは、アレスタにはありません。

リシェルSIのクイックポケットとクイックパレット

リシェルSIのクイックポケット(左)とクイックパレット(右)

 

リクシル リシェルSI クイックポケットとクイックパレットを収納したところ

収納時

 

他にも、水切棚タイプのオートダウンウォールや、窓前に設置しても光を遮らないライトスルーウォールなど、アレスタにはないウォールユニットがいくつか用意されています。

リシェルSI ライトスルーウォール

スポンサーリンク

リシェルSIの収納ユニットは奥行65cmタイプも充実!

リシェルSIの収納ユニット(食器棚・家電収納)

リシェルSIの収納ユニット(食器や家電の収納スペース)は、奥行65cm・45cm・32cmと3種類あります。

それに対してアレスタの収納ユニットは、実質、奥行45cmと32cmの2種類です。奥行65cmは冷蔵庫上部用のウォールキャビネットしかありません。

 

さらに、奥行65cmと奥行45cmをつなぐジョイント収納もリシェルSIだけです。

スペースの有効活用とレイアウトの選択肢が増えますね。

リシェルSIの収納パーツ

スポンサーリンク

リシェルSIの収納ユニットはさらに便利で高級感がある

リシェルSIには、アレスタにはない便利な収納ユニットがたくさんあります。

例えばこの2ウェイクローゼット

リクシル リシェルSI 2ウェイクローゼット

リシェルSI 2ウェイクローゼット

引き戸タイプの大型収納ですが、使用頻度の高い中段エリアは、昇降式の窓もあります。扉全体を開け閉めしなくても、さっと開け閉めできるという優れもの。

そして家電タワーコーナークローゼット

家電タワーは、家電を隠せるようになっているのですが、スイング扉になっているので、邪魔になりません。

コーナークローゼットはウォークインタイプで、出し入れしやすく、デッドスペースになりがちなコーナーを有効に使うことが出来ます。

リシェルSI収納ユニットの選べるキャビネットカラー

リシェルSIの収納ユニットのフレームカラー

リシェルSI収納ユニット ハーフミラー

↑さらにリシェルSIの一部の収納ユニットは、キャビネットやフレームの色、ハーフミラーなども選ぶことができ、より高級感のあるキッチンに仕上がります。

 

リシェルSIの高級感あふれるキッチン

リシェルSIならではの高級感あふれるキッチン

スポンサーリンク

リシェルSIは水栓(水道の蛇口)の選択肢も増える

ドイツ製水栓「グローエ」も選べる

シンプルな機能美が人気のグローエ

ドイツ製グローエ

高級感あるリシェルSIを、さらにオシャレに引き締めてくれるドイツの水栓「グローエ」です。

同じくグローエの2ハンドル水栓「コスタJG」も選べます。

ドイツ製グローエ 2ハンドル水栓 コスタJG

黒いハンズフリー水栓「ナビッシュ」も選べる

新発売の黒いハンズフリー水栓「ナビッシュ」も選べます。

リクシル ハンズフリー水栓 ナビッシュ 黒色

黒のナビッシュ

リクシル ハンズフリー水栓 ナビッシュ

通常のナビッシュ

セラミックトップハイブリッドクオーツシンク黒いナビッシュを組み合わせると、ダーク系で統一されて引き締まったキッチンになりますね。

リシェルSI ハイブリッドクォーツシンク 黒いシンク

スポンサーリンク

リシェルSIはダブルオートメタルのIHも選べる

アレスタの場合は、3口フルIH・オールメタルタイプ(オールメタル対応が1口のみ)までしか選べないのですが、リシェルSIは3口フルIH・ダブルオールメタルタイプ(オールメタル対応が2口)も選べます。

リシェルSIで選べるIH(ダブルオールメタル)

スポンサーリンク

【補足】メーカー(リクシル)に問い合わせた結果

キッチンのシリーズについて、何点かリクシルに電話で問い合わせしてみました。

Q:IHヒーターや水栓、食洗機など、リシェルSIのカタログに載っているけどアレスタのカタログに載っていないものは、アレスタでは選ぶことができないのでしょうか?

A:基本的には、アレスタはアレスタのカタログからお選びいただくことになります。
ただ、商品の型が合えば、工務店様によっては、リシェルSIのカタログにしか載っていないものでも、アレスタのキッチンに入れることができる場合もありますので、工務店様にご相談下さい。

Q:キッチン本体はアレスタだけど、収納ユニット(食器棚)はリシェルSIを購入する、とか、リシェルSIの収納ユニットを単体で購入するということはできるのでしょうか?

A:おそらくできると思いますが、そちらも工務店様にご確認いただくようお願いいたします。

気になる方は、工務店に相談してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

以上、アレスタとリシェルSIの違いでした。

もっと細かい違いもあると思いますが、アレスタかリシェルSIか?を検討するにあたって、おさえておきたい違いはこの14点です

  1. リシェルSIはアレスタより値段が高い
  2. リシェルSIの方が扉と取っ手のデザインが豊富
  3. リシェルSIは「らくパッと収納」、アレスタは「パタパタくん」
  4. リシェルSIだけのセラミックトップを始め、ワークトップの選択肢が豊富
  5. リシェルSIだけのハイブリッドクオーツシンク
  6. リシェルSIのワークトップ高さは5段階、アレスタは3段階
  7. リシェルSIはステンレスキャビネットも選択可能、色も選べる
  8. リシェルSIのセンターキッチンはダイニング側スタイルの選択肢が増える
  9. リシェルSIの方が対面キッチンユニットの選択肢が多い
  10. リシェルSIの方が便利なウォールユニット(キッチン上部の吊戸棚)が豊富
  11. リシェルSIの収納ユニットは奥行32cmと45cmだけではなく65cmも選べる
  12. リシェルSIは収納ユニットは、さらに便利で高級感がある
  13. リシェルSIはドイツの水栓「グローエ」や黒い「ナビッシュ」も選択可能
  14. リシェルSIはダブルオールメタルのIHヒーターも選択可能

 

「予算オーバーだけどリシェルSIでリフォームしたい!」という方へ
リフォーム会社紹介サイトホームプロでは、2019年3月31日までの期間限定で、オールLIXIL無金利リフォームローンキャンペーンを実施しています。

  • 最長60回分割払&金利ゼロ
  • 手元に資金を残せる
  • これを機にまとめてリフォームしたい
  • 資金不足でもすぐにリフォームできる

詳細はホームプロ公式サイトでご確認下さい。

ホームプロは、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト」です。

キッチンに合わせて冷蔵庫の色も選びたい!
キッチンの色は無難に…その分、買い替えしやすい冷蔵庫の色で遊ぶ!

カラー冷蔵庫ラシックカラーズ

\アクア社製(旧三洋電機)・ハイアール社製で安心!/

色で選べるカラー冷蔵庫 ラシックカラーズ

 

こちらの記事もどうぞ

リクシルのシエラを選んだ理由&アレスタ・リシェルを選ばなかった理由

リクシルのシエラとアレスタの違いはズバリこの9点!!

リシェルSIとリシェルPLATは同じリシェルだけど全然違う?

スポンサーリンク
リクシル商品
アカネをフォローする
このブログを書いている人
アカネ

サラリーマンの妻で、30代後半2児の母です。
築20年程の中古マンションを購入し、フルリフォームして暮らしています。
細かいところにこだわったリフォームの体験談やレビューを中心に、ブログで熱く語っています!

アカネをフォローする
中古マンション購入&リフォーム経験を語りつくすブログ

コメントをどうぞ!