リショップナビでリフォーム一括見積りをして分かったサイトの使い勝手

最近、こちらのブログ記事→中古マンション フルリフォーム後の最大の後悔・・・で書いた通り、リフォームの追加工事を検討しています。

中古マンション購入後のフルリフォームは一旦終了しており、その時に工事を依頼したリフォーム会社さんにも追加工事の見積りはお願いしているのですが、一応水面下では相見積もりをしておこうと思っています(笑)

中古マンション購入後のリフォームは、何かとバタバタしていたこともあり、リクシルのリフォームコンタクトしか利用しなかったのですが、今回、このブログのネタにもなるかなと思って、いくつかのリフォーム紹介会社を利用してみることにしました。

今回はその第一弾、リショップナビというサイトの口コミ&レビューです!

スポンサーリンク

リショップナビとは?

リフォーム見積りサイト リショップナビ

  • 特徴1:全国800社からぴったりの条件で会社で選べる
  • 特徴2:紹介は厳しい加盟審査に通過した会社のみ
  • 特徴3:リフォーム保証制度完備
  • おまけ:リショップナビでリフォームの契約をすると、お祝い金として、クオカード1,000円分がもらえる

簡単にまとめると、↑こんな感じです。

スポンサーリンク

リショップナビの無料見積もりフォーム

見積りスタート

リフォーム見積りサイト リショップナビ トップページ

↑まずはこの「無料見積りスタート」のボタンをクリック

情報入力画面

画像が長くなっていますが、リショップナビの無料見積りフォーム(入力画面)はこんな感じです。

リショップナビのリフォーム無料見積りフォーム

ありがたいのは、リフォーム会社からの連絡希望時間帯を、あらかじめ指定しておけることですね。

入力フォームで選択式になっているところは、

建物の種類
  • 一戸建て
  • マンション・アパート
  • 店舗
  • その他
所有種別
  • 持ち家
  • 賃貸オーナー
  • 賃貸借り主(オーナー許可あり)
  • 賃貸借り主(オーナー許可なし)
  • 物件購入前
  • 実家
築年数
  • 5年以内
  • 6~10年
  • 11~15年
  • 16~20年
  • 21年以上
  • 不明
リフォーム予定時期
  • なるべく早く
  • 1ヶ月以内
  • 3ヶ月以内
  • 半年以内
  • 1年以内
  • 未定
予算
  • 20万円未満
  • 20~50万円
  • 50~100万円
  • 100~150万円
  • 150~200万円
  • 200~250万円
  • 250~300万円
  • 300~400万円
  • 400~500万円
  • 500~600万円
  • 600~1000万円
  • 1000万円以上

このような選択肢になっています。

予算入力が一番迷うところですよね・・・

予算的には30万円は用意しているけど、20~50万円を選んだら、20万円より安くなることはないのかなぁ?

とか

おおよそいくら位かかるのかも全く見当がつかない!だから見積りをとりたいのに!!

とか・・・(笑)

リショップナビの入力フォームのご予算の目安をクリックすると、リフォーム箇所ごとの工事価格帯目安が表示されます。

リノベーション500万円〜キッチン50万円〜150万円
トイレ20万円〜50万円洗面所20万円〜50万円
風呂50万円〜150万円階段〜50万円
屋根50万円〜100万円外壁50〜150万円
ベランダ20万円〜100万円玄関20万円〜50万円
50万円〜100万円エクステリア〜100万円
リビング50万円〜150万円ダイニング50万円〜100万円
洋室20万円〜100万円和室20万円〜100万円
廊下20万円〜50万円

※金額はあくまでも目安で、この金額でのリフォームを保証するものではないので参考情報としてご利用ください。

↑こんな感じです。あくまで参考情報ですよ、という注意書きもあります。

リフォーム会社候補の一覧(最大5社)

無料見積りフォームに入力した

  • リフォーム予定先の住所
  • リフォーム箇所

の情報をもとに、リフォーム会社候補(最大5社)がピックアップされます。

下の図のように表示されます。

リショップナビのリフォーム無料見積り 紹介画面

↑この画像はボカシを入れていますが、自分で見積りする時は社名と会社ロゴを確認することができます。

最大5社が、ここで候補として挙がってくるのですが、

リショップナビのリフォーム無料見積り 紹介画面2

デフォルトでは、全てのリフォーム会社にチェックが入っているので、もし、見積りを希望しない会社があれば、ここでチェックを外しておきます。

入力内容の確認

リショップナビ リフォーム無料見積りフォーム 入力内容確認画面

こんな感じの確認画面です。私はとりあえず、リフォーム会社の候補5社の中から、3社選びました。

承認コードによる本人確認

リショップナビ リフォーム無料見積りフォーム 承認コードによる本人確認

最近、たまに見かけるようになった電話認証です。

私は、スマホの番号を入力して、SMSで認証コードを選択しました。

すぐにSMSで認証コード(4ケタの数字)が届くので、それを入力して、青い「認証コードを送信してお見積り完了画面へ」のボタンをクリックします。

完了

リショップナビ リフォーム無料見積りフォーム 完了画面

以上で完了です。

 

早速リショップナビで見積り依頼をする方はこちら
>リショップナビ公式サイト

 

スポンサーリンク

リフォーム会社からの連絡

その後、私が指定した時間帯にリフォーム会社から電話がありました。

リショップナビからのメールでは「各リフォーム会社から、3~4営業日以内に連絡が入ります。」とありましたが、もっと早く電話をもらえました。

私は、平日の早朝に、このリショップナビの入力フォームから見積り依頼をしたのですが、その日のうちに2社から電話がありました。(もう1社はなぜか、何も連絡がありません。)

今改めて確認してみると、入力フォームでは電話番号を入力していないので、認証画面で入力した電話番号がリフォーム会社に伝えられているようです。

その後、

  • 1社には図面上だけでの概算見積りを依頼
  • 1社は後日、訪問見積りを依頼

という感じで依頼しました。

いずれも、しつこく何度も電話がかかってきて迷惑・・・といったことはなかったです。

連絡手段をメールに切り替えてもらうこともできました。

何も連絡がないもう1社のリフォーム会社は・・・私の方から問い合わせをすることもできますが、他のリフォーム会社紹介サイトも利用する予定ですし、今回は縁がなかったということですね(笑)

スポンサーリンク

リショップナビを利用してみた感想

以前、私が利用したリクシルのリフォームコンタクトでは、まずは匿名での見積依頼というかたちでした。

リショップナビでは、最初から自分の個人情報を伝えることにはなりますが、その分、スピーディな見積り依頼ができるなぁと感じました。

リフォーム会社から電話連絡をもらう曜日と時間帯も指定できますし、見積り依頼をするリフォーム会社の社名もあらかじめ分かっています。

なので、いきなりジャンジャン営業電話がかかってきて迷惑・・・ということもありませんでした。

それから、リフォームの範囲(リフォーム箇所)に合わせて、その工事を得意とするリフォーム会社をピックアップしれくれるのもいいなと思いました。

スポンサーリンク

リショップナビの使い勝手 まとめ

  • 最初から自分の個人情報(住所・氏名・メール・電話番号)の入力が必要
  • 住所とリフォーム箇所に合わせた、最適なリフォーム会社を最大5社紹介してくれ、その中から自分の好きな会社とだけコンタクトがとれる
  • リフォーム会社とすぐ電話で話をすることができるので、スピーディな見積り依頼が可能
  • 予め、電話可能な曜日&時間帯を指定でき、かつ、リフォーム会社の社名も分かるので、リフォーム会社からの電話連絡がわずらわしくなることもない
  • 営業熱心なリフォーム会社ばかりではない(かも)

以上、リショップナビを利用してみた口コミ&レビューでした。

↓リショップナビ公式サイト
リショップナビ

業者探し&相見積もり
スポンサーリンク
アカネをフォローする
このブログを書いている人

サラリーマンの妻で、30代後半2児の母です。
築20年程の中古マンションを購入し、フルリフォームして暮らしています。
細かいところにこだわったリフォームの体験談やレビューを中心に、ブログで熱く語っています!

アカネをフォローする
中古マンション購入&リフォーム経験を語りつくすブログ

コメントをどうぞ!