浴室の横長鏡に重なるスライドバーが嫌で、普通のシャワーフックを採用した話

先日のこちらの記事→お風呂の鏡は縦長or横長?違いは?メリット・デメリットを徹底調査! の続きになります。

リクシルのショールームで、お風呂は絶対横長の鏡にしたい!!と一目惚れした私。

でも、横長の鏡は見た目がいいだけで、実はデメリットの方が多いんです。

しかし、それを承知の上で、最終的に横長ワイドミラーを選びました。

そして今回のブログ記事は、横長ワイドミラーであれば、通常、スライドバー式のシャワーフックを組み合わせるところを、そうではなくイレギュラー対応として2点留めの普通のシャワーフックを選んだんですよ・・という話です。

お風呂のスライドバーとは?

リクシルでは「スライドフック付握りバー」

パナソニックでは「握りバー兼用スライドバー」と言うようですが…

リクシル スライドバー

↑要はこれのことで、どのメーカーでも基本的に役割は一緒です。

  1. シャワーの高さを調整できる
  2. 手すりの役割も果たす

この2つです。

鏡がタテ長か横長かで、シャワーフックの選択肢が異なる

これはもしかすると、リクシルの場合だけかもしれませんが・・・

リクシルのカタログには、↓このような注意書きがあります。

リクシル カタログ抜粋(ワイドミラーとシャワーフックは同時選択できない)
↑ピンクでマーカーを引いた箇所にご注目下さい。

※ワイドミラーとシャワーフックは同時選択できません。スライドフック付握りバーを選択してください。

と書いてあるのです!!

タテ長の鏡を選んだ場合は、スライドバーでも、通常の2点留めシャワーフックでも、どちらでも好きなものを選べるのですが、横長の鏡(=ワイドミラー)を選んだ場合は、スライドバー(=スライドフック付握りバー)しか選べないのです!

あとは、メタル調か、ホワイトかを色を選ぶだけ。

すなわち・・・

横長ワイドミラーの追加料金だけではなく、スライドバーの追加料金までセットでついてきてしまいます!!

でも、冒頭に申し上げた通り、私はこのリクシルの原則ルールを破って、シャワーフックを選ばせてもらいました。以下、その理由と経緯をご紹介します!

スライドバーが嫌だった理由

値段が高い

先ほども書いた通り、横長ワイドミラーを選んだ時点で、追加料金が発生します。それに加えて、スライドバーの追加料金まで。

そのスライドバーの追加料金が結構高いんです・・・

以下は、私がリフォームで採用したリクシルリノビオVのカタログから抜粋したものですが、定価にしてこれぐらい追加料金が発生します。

↓横長ワイドミラーの追加料金

リクシル リノビオV ワイドミラー追加料金

※クリックすると別ウィンドウで拡大して見れます↑

↓スライドバーの追加料金

リクシル リノビオVのシャワーフックとスライドフック付握りバーの追加料金

↑この通り、通常のシャワーフックと比べると、スライドバー(スライドフック付握りバー)の金額はだいぶ跳ね上がりますよね。

※以下は参考価格ですが、私は、Fタイプの1418サイズ、そして最終的に工務店にて63%OFFとなったので、こんな感じになってしまうのです。↓

オプション 定価 63%OFF
HN ワイドミラー 28,000 10,360
P スライドフック付握りバー(メタル調) 30,600 11,322
合計 58,600 21,682
消費税8%込 63,288 23,416

鏡とスライドバーが重なる部分の掃除がしにくい

こちらの記事→「お風呂の鏡は縦長or横長?違いは?メリット・デメリットを徹底調査!」にも書いた通りです。

お風呂の横長の鏡の掃除がしづらい部分

↑この部分の掃除がしにくくなってしまうのが嫌でした。

とうことで・・・

高い値段を払っているのに、掃除しにくくなってしまう、というのがスライドバーが嫌だった理由です。

 ショールームで、こんなバスルームを発見

リクシル ショールーム

リクシル ショールームのお風呂

↑これは、私がリフォームしたリノビオVではなく、おそらく「スパージュ」というシリーズなのですが、横長の鏡がある壁とは別の壁に、スライドバーが取り付けられているのです!

上の写真(私がスマホで撮った写真)では、ちょっと分かりにくいので、スパージュのカタログから写真をお借りしました。↓

リクシル スパージュ

こんな感じです↑

横長の鏡の前を遮るものがなくて、スッキリしていていいですよね!

これって、リノビオVでもできないの?この取付け位置なら、スライドバーじゃなくて、通常の2点留めシャワーフックでも大丈夫じゃない?!と思ったのです。

リクシル リノビオV ワイドミラーとシャワーフックの位置

↑つまり、こういうことです。

赤丸の位置にシャワーフックを取付してもらっても、シャワーホースの長さ的に問題ないですよね!

(※この見本写真は、タオル掛けが向かって右の壁についていますが、我が家の場合は、タオル掛けの位置に扉がきます。もし、この見本写真と同じレイアウトでも、タオル掛けは別の位置に移動してもらえば問題ありません。)

ショールームでダメ元で聞いてみる

冒頭にも書いた通り、カタログには、「※ワイドミラーとシャワーフックは同時選択できません。スライドフック付握りバーを選択してください。」と注意書きがされているんですが、ダメ元でスタッフさんに聞いてみました。

すると、「取付位置を、工務店様と直接ご相談いただけるのであれば、対応可能です。」とのこと!!

なんでも聞いてみるもんですね!

そんなわけで、特別対応基準外)として横長ワイドミラー2点留めシャワーフックという組み合わせにしてもらいました。

ただし注意しておきたいこと

後からスライドバーを取り付けることはできない!

やっぱりシャワーの位置が使いにくい…

とか、

やっぱり手すりとしても使えるスライドバーが欲しい…

となった時に、スライドバーを後付けしてもらうこともできるんですか?とショールームスタッフさんに聞いたところ、それは現実的に無理だそうです。

というのも、

  • 手すりとしての強度を保つため、あらかじめ壁の内部に下地をつくる必要がある
  • 後付けの場合、取付け箇所から水が浸み込まないための処理が十分にできない

という理由だそうです。

つまり、スライドバーを後付けする場合、バスルームを解体しないと、しっかりとした品質が確保できないということですね。

スライドバー後付けのために、バスルームを解体するなんて、確かに現実的ではありません。

スムーズに特別対応に応じてくれるかは分からない!

やはりこれはあくまでも、基準外の特別対応です。

ショールームスタッフによっては、もしくは、今後のリクシルの方針によっては、同様の例外対応に応じてくれるかどうかは分かりません。

あくまでも私の体験談であり、メーカー側が必ず保証しているサービスではないということを、予めご了承ください。

シャワーフックの取付位置がややこしい!

これは、実際に私が経験したことなんですが、長くなるので、詳細は別記事に書きたいと思います。

とにかく、特別対応基準外)ということもあり、シャワーフックの取付位置については、ちょっと予想外の事態が起きました。

ま、私の場合は結果オーライだったのでいいのですが、同様のイレギュラー対応を検討している方は、十分にご注意ください。

まとめ

以上が、横長ワイドミラーであれば、通常、スライドバー式のシャワーフックを組み合わせるところを、そうではなくイレギュラー対応として2点留めの普通のシャワーフックを選んだんですよ・・という話でした。

つづきの記事も、近日中に公開したいと思っています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク