パモウナ食器棚の背面にコンセント。壁とのスキマはどの程度?!

先日、ついにパモウナの食器棚を購入しました。家電も置けるいわゆる「キッチンボード」と言うのでしょうか。

↓これでです。

 

そして、こちらの記事→購入者が語る「パモウナ食器棚のここが残念!」でも少し触れましたが、幅木とコンセントによるスキマ問題が浮上したのです。

食器棚を検討中の方の参考になればと思い、詳細を写真と共にご紹介いたします!

スポンサーリンク

食器棚の背面に位置するコンセント

我が屋のキッチンには、この位置にコンセントがあります。

パモウナ食器棚の背面に位置するコンセント

つまり、食器棚の背面にコンセントが位置しています

キッチンに搬入されたパモウナ食器棚の全体像

↑そして、この場所に、こんな感じで食器棚が設置されるわけです。

スポンサーリンク

パモウナ食器棚の背面の構造

パモウナの食器棚には、巾木よけ(幅木よけ)もなければ、コンセントプラグやコードの厚みを逃す段差も一切ありません。

パモウナの背面の作り

背面が面一(ツライチ)のパモウナ食器棚

これを面一(ツライチ)と言うそうです。

パモウナのカタログのカスタマイズやオプションのページもよく読み込むと

  • 巾木の厚みの分だけ壁と食器棚に隙間ができる
  • その隙間を利用してコンセントの配線が行える
  • コンセントが背面にくる場合、さらにプラグの厚みが必要

という内容が記載されています。

スポンサーリンク

パモウナ食器棚と壁との隙間

背面のスキマ

背面のコンセントにプラグをさして電源をとった場合、どの程度のスキマができるのか、写真でご覧ください。

パモウナのコンセントプラグ

パモウナ背面のコンセントにプラグをさした様子

背面下部

パパモウナ背面のコンセントにプラグを刺した場合の隙間(食器棚と巾木)

食器棚と巾木の隙間(約16mm)

パモウナ背面のコンセントにプラグを刺した場合の隙間(食器棚と壁)

食器棚と壁の隙間(約24mm)

背面のコンセントを利用した場合、巾木にぴったりくっつけることもできず、このような結果になりました。

残念なことに、これだけでは済まないのです!!

背面上部

今度は、食器棚の上の部分の隙間をご覧ください!

パモウナ背面のコンセントにプラグを刺した場合の隙間(食器棚上部と壁)

食器棚上部と壁の隙間(約39mm)

なんと、約4cmものスキマが!!

食器棚を設置してくれた大塚家具の配送担当者さん曰く、床(フローリング)の特性上、これは避けられないとのことでした。

フローリングは巾木に近い部分より、中心部の方が大きく沈むそうで・・・

 

ちなに、パモウナには、家具と壁を固定するためのL字型の固定金具が付属されています。

パモウナのカタログにも「固定金具は家具と壁との隙間が30mm以内であれば取付け可能です」と記載されているのですが、実際の隙間は39mm(笑)

パモウナ食器棚を固定する留め具と隙間

付属の固定金具をそえてみると、こんな感じ・・・↑

しかもこれ、パモウナのカタログにも「固定金具はお客様取付けとなります」と記載されている通り、配送&設置してくれた大塚家具さんも取付けしてくれません・・・orz

側面のスキマ

ついでに、側面の隙間も見ていただきましょう。

側面下部

パモウナ側面と壁の隙間

食器棚と壁の隙間(約9mm)

巾木ににはピッタリとくっついており、その巾木の厚みの分だけ隙間があきます。

側面上部

パモウナ側面と壁の隙間(上部)

食器棚と壁の隙間(約17mm)

しかーーし!やっぱり上の方が、スキマの幅が大きくなってしまうんですね。

スポンサーリンク

食器棚と壁にスキマが生じるデメリット

食器棚のサイドが壁や冷蔵庫に接している場合は、あまり気にならないかもしれませんが、我が家の場合は食器棚の片側側面が、むき出しになります。側面が丸見えのパモウナ食器棚

冷蔵庫と食器棚の間に、脱衣所(洗濯機や洗面所)へ通じる通り道があるので、どうしても、食器棚の片方の側面がまる見えになります。背面のスキマも見えます。

この状況も含めて、食器棚の背面に隙間が生じることでどんなデメリットがあるかというと、

  1. ホコリがたまって湿気もたまる(しかも簡単に掃除できない)
  2. 黒い虫(G)が出没した際に、このスキマに逃げ込んでしまうかも
  3. ただでさえ通路幅が狭いキッチンなのに、食器棚が前方にせり出して、さらに狭くなる
  4. 子供がスキマに何かを突っ込む(自分でわざと突っ込んだくせに、取れない!取って!と騒ぐ)
  5. 付属の固定金具が取付けできない(できたとしても、固定する力が弱い)

こんな感じです。いいことなし!!(´Д`)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

我が家と同様に、食器棚の背面にコンセントがあるご家庭では、くれぐれもこのスキマにご注意下さい!

ちなみに私は、このスキマが嫌だったことと、コンセントの容量の問題もあったので、リフォーム会社に相談しました。

そして、コンセントの移設工事と、専用電源(専用ブレーカー)の増設工事をしてもらいました!

つづきはこちら↓
パモウナ 2つの電源コードは別々のコンセントに接続が必須?

スポンサーリンク
レビュー食器棚えらび
アカネをフォローする
このブログを書いている人
アカネ

サラリーマンの妻で、30代後半2児の母です。
築20年程の中古マンションを購入し、フルリフォームして暮らしています。
細かいところにこだわったリフォームの体験談やレビューを中心に、ブログで熱く語っています!

アカネをフォローする
中古マンション購入&リフォーム経験を語りつくすブログ

コメントをどうぞ!