リクシルのバスタブ(浴槽)のラインナップ

私たちが購入した中古マンションの浴室は、リクシルリノビオVというシリーズでリフォームしました。

以前、こちらのブログ記事→バスタブ内に段差がある「エコベンチ浴槽」が魅力的 で書いた通り、リクシルのエコベンチ浴槽のメリットに魅かれたのですが、最終的には普通の「ラウンドライン浴槽」というものにしました。

今回のブログでは、そもそも、リクシルのバスタブってどんなものがあるの?ということについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

リクシルのユニットバスの主なシリーズ

まずは、リクシルが発売している家庭用のユニットバスシリーズを簡単にご紹介します。

  1. スパージュ(戸建住宅・マンション用&リフォーム対応
  2. アライズ(戸建住宅用)
  3. リモア(戸建住宅用&リフォーム対応
  4. リノビオV(マンション用リフォーム対応
  5. ソレオ(マンション用

の5つになっています。

価格帯はこんな感じ

リクシル ユニットバスルーム シリーズ別価格帯

※画像はリクシルHPよりお借りしています。

スパージュというこだわりの高級シリーズ(肩湯やアクアシアターがある)を除いて、バスタブのラインナップは基本的に同じようです。

よっぽどお風呂にこだわりたい人でなければ、リクシルでお風呂をリフォームする場合、

  • マンションのお風呂リフォーム・・・リノビオV
  • 戸建住宅のお風呂リフォーム・・・・リモア

と必然的に決まってきます。お風呂にこだわりたい人、予算に余裕がある方はスパージュも選択肢に入ってくる、といった感じですね。

マンション用と戸建住宅用のユニットバスの違い

カタログをパラパラと見る感じ、リノビオVもリモアもほとんど同じです。

それなのにどうして別シリーズになっているの?というのは、私も疑問だったのですが、一番の違いは、ユニットバスの天井までの高さが違うようです。

マンションの方が、ユニットバスの天井までの高さが低いようです。

あとは、ユニットバスのサイズ展開が違います。

  • マンション用リノビオV1620/1418/1416/1317/w1316/1316/1218/w1216/1216/s1216/1116
  • 戸建住宅用リモア→1624/1620/1618/1318/1316/1216/1616/s1216/s1818
スポンサーリンク

リクシルの浴槽ラインナップ

リクシルでは、バスタブの形が7つ用意されています(スパージュを除く)。

以下、リクシルの公式HPリノビオVのページよりお借りした画像ですが、ザッとご紹介します。

(1)1200ロング浴槽

リクシル 1200ロング浴槽

(2)1600ロング浴槽

リクシル 1600ロング浴槽

(3)ワイド浴槽

リクシル ワイド浴槽

(4)ストレートライン浴槽

リクシル ストレートライン浴槽

(5)エコベンチ浴槽

リクシル エコベンチ浴槽

(6)ラウンドライン浴槽

リクシル ラウンドライン浴槽

(7)アーチライン浴槽

リクシル アーチライン浴槽

以上、7つの浴槽タイプがあります。

浴槽の形だけで7つも選択肢があるの?と思われた方、実は違うんです!

スポンサーリンク

ユニットバスの規格サイズ別 浴槽タイプ

以前、こちらのブログ記事「マンションのお風呂の広さの平均は?ユニットバスの規格サイズから考える。」にも書いた通り、ユニットバス(システムバス)のサイズは規格化されています。

リクシルの場合(おそらく他社メーカーでも)、そのユニットバスの規格サイズ(1620とか1418とか)によって、選べる浴槽が異なってきます

リノビオVの場合

ここでは私たちが採用したリノビオVを例に取ってご紹介します。

リクシルのリノビオVでは、7つのバスタブの形が用意されていますが、以下のように一覧にしてみると、ユニットバスの規格サイズによって選択肢が限られてくるのが分かると思います。

1620141814161317W131613161218W12161216S12161116
1200ロング浴槽
1600ロング浴槽
ワイド浴槽
ストレートライン浴槽
エコベンチ浴槽
ラウンドライン浴槽
アーチライン浴槽

私たちが購入した中古マンションのお風呂は1418サイズで、同じサイズのままリフォームすることにしたので、1418サイズの選択肢は以下の3つだけになります。

  1. ストレートライン浴槽
  2. エコベンチ浴槽
  3. ラウンドライン浴槽
スポンサーリンク

まとめ

リクシルのユニットバス各シリーズでは、浴槽の形は7つありますが(スパージュを除く)、浴室のサイズによって選択肢が限られてきます。

広いお風呂ほど選択肢が多く、狭いお風呂ほど選択肢は少なくなります。

次のブログでは、独自の目線で、リノビオVのサイズ別バスタブの選び方をご紹介します!

こちら→リクシル リノビオVのバスタブ(浴槽)の選び方

お風呂のリフォーム
スポンサーリンク
アカネをフォローする
このブログを書いている人

サラリーマンの妻で、30代後半2児の母です。
築20年程の中古マンションを購入し、フルリフォームして暮らしています。
細かいところにこだわったリフォームの体験談やレビューを中心に、ブログで熱く語っています!

アカネをフォローする
中古マンション購入&リフォーム経験を語りつくすブログ

コメントをどうぞ!