リフォーム一括見積りサイトは複数利用すればよかったなと少し後悔・・・

私自身がリフォームの見積依頼をした時は、たまたまネットで見つけた「リクシルのリフォームコンタクト」というサイトを利用しました。

でも、その後、リフォームの一括見積サイトは他にも色々あることに気が付きました。

既にリフォームは終えましたが、他社のサイトも複数利用した方がよかったなぁと思っています。

その理由をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

様々なリフォーム一括見積サイトや紹介サイト

目にしたことがあるサイト名もあるかと思いますが、例えば、

などなど・・・

様々なリフォーム一括見積サイトや、リフォーム会社紹介サイトが存在しています。

リフォームの実例や、リフォームのハウツーの情報も充実しているサイトがあるので、それらを見るだけでもとても参考になります。

スポンサーリンク

一括見積りサイトで紹介してもらえるリフォーム会社に差はあるのか?

どんなリフォーム会社を紹介してもらえるか?といったら、

  • 信頼できるリフォーム会社を紹介してくれる
  • そのエリア・地域を管轄しているリフォーム会社を紹介してくれる

というのは、基本的にどのサイトでも一緒です。

サイトに登録するためには一定の審査基準を設けているので、登録されているリフォーム会社はその基準をクリアした会社だけ。

そして、リフォームは地域密着の仕事です。

リフォームの打ち合わせや工事のために、何度もその土地(マンションや家)に足を運ぶことになるので、遠方の会社を紹介されると、効率が悪くて互いにメリットがありません。

ここまでは、どのサイトでも共通していることの話です。

では、サイトによって紹介してもらえるリフォーム会社の1番大きな違いは何か?

それは、そのサイトに登録しているリフォーム会社がそれぞれ異なるので、紹介してもらえる会社(工務店)が違ってくるということです。

別の言い方をするとそのサイトに登録しているリフォーム会社の中からしか紹介してくれないということです。

これが決定的な違いです。

スポンサーリンク

リクシルのリフォームコンタクトを利用して私が気付いたこと

キッチンなどはリクシルの商品にすると割引率が高い

私がLIXIL(リクシル)のリフォームコンタクトを選んだ1番の理由は、「リフォーム業者と、ネット上で匿名でやりとりができる」ということでした。

匿名でリフォーム会社とやりとりができるサイトとして、他にはホームプロがあります。

ただし、リフォームコンタクトを利用した場合、かなりの確率で、水回り商品(キッチン・お風呂・トイレ・洗面所)や建材(フローリング・ドアなど)はリクシルの商品をオススメされるようです。

それもそのはず、リクシルが運営しているサイトなので、リクシルの商品を数多く取り扱っているリフォーム会社が登録しているようです。

私は、リフォームコンタクトで紹介してもらったリフォーム会社の中から、2社に訪問見積を依頼したのですが、2社ともリクシルの商品で見積書を作ってくれていました。

私は、キッチン、お風呂、トイレ、洗面所のどれも「特にメーカーへのこだわりはありません。」と伝えたのですが、2社とも全商品リクシルだったのです。

理由は、「リクシルの商品が一番お値引可能です」ということでした。

もし、リクシル以外のメーカーを希望している場合は、リクシルのリフォームコンタクトで紹介してもらったリフォーム会社に依頼してしまうと、割高になってしまうかもしれません。

逆に、最初からリクシルの商品を優先的に考えている方にとっては、リフォームコンタクトを利用するメリットがあると思います。

リクシルの商品を多く取り扱っている会社、つまりリクシルの商品を安く卸せる会社が、多くリフォームコンタクトに登録しているからです。

ただ、メーカーへのこだわりがなかった私も、いざ細かいところを検討しだすと、他社の商品も気になってくるのです(笑)

時間に余裕があれば、特にキッチンは各社の実物を見たうえで、じっくり検討できれば最高だと思います。

そういった理由からも、リクシル以外のメーカーを多く取り扱っているリフォーム会社(つまりリクシル以外のメーカーの方が安い価格で卸せるリフォーム会社)の選択肢もあれば、ベターだったかな・・・と思います。

大手のリフォーム会社は選択肢にあがってこなかった

リクシルのリフォームコンタクトでは、5社ほどリフォーム会社を紹介してもらったのですが、誰もが知っているような大手のリフォーム会社の名前はありませんでした

今振り返ってみると、最終的に工事を依頼するかどうかは別として、大手のリフォーム会社からも見積だけはとってみればよかったな・・・と少し後悔しています。

おそらく大手は割高ですが、営業担当の方やインテリアコーディネーターは、知識もお客様への対応も洗練されているのでは?と思うのです。

後に知ったタウンライフリフォームは、大和ハウスリフォーム住友不動産住友林業などの大手にも一括で見積り依頼できます。

私は今回、マンションのフルリフォームで、一部壁を壊して開口部を広げたり、和室の段差を解消したりしたので、工事の範囲も広い方だと思います。

であれば、色んな角度からリフォームの提案をもらっておいた方が、自分の視野も選択肢も広がります。

大手には大手の強みがあるはずなので、そこをスル―してしまったことを後悔しています・・・。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、リフォームの相見積をとる時には、1つのリフォーム会社紹介サイトだけではなく、複数のサイトを利用した方が、それぞれ特色の違うリフォーム会社と出会うことができます。

そして、いくつかのリフォーム会社と連絡を取ってて、その中から3~4社程度選ぶのがベストだったなぁと思います。

スポンサーリンク
リフォームの反省・後悔
アカネをフォローする
このブログを書いている人
アカネ

サラリーマンの妻で、30代後半2児の母です。
築20年程の中古マンションを購入し、フルリフォームして暮らしています。
細かいところにこだわったリフォームの体験談やレビューを中心に、ブログで熱く語っています!

アカネをフォローする
中古マンション購入&リフォーム経験を語りつくすブログ

コメントをどうぞ!