シエラの食洗機の違いや特徴【まとめ】

私たちが購入した築20年程の中古マンション、キッチンはリクシルのシエラでリフォームしました。

システムキッチンの食洗機、意外にも選択肢が多くて、どれを選んだらいいか迷いますよね・・・

今回はシエラの食洗機にスポットをあてて、その違いや特徴についてまとめてみたいと思います。

シエラのカタログに載っている食洗機一覧

タイプ 仕様 メーカー 機能 定価 備考
深型 フル扉材 パナソニック 多機能 219,000 静音設計
扉材 パナソニック シンプル 175,000  
浅型 フル扉材 パナソニック 多機能 193,000 静音設計
扉材 リンナイ 多機能 158,000 プラズマクラスター
扉材 パナソニック シンプル 150,000  
パネル材 パナソニック シンプル 150,000

126,000

 
パネル材 リンナイ シンプル 143,000

127,000

奥行60cm用

↑簡単にまとめて表にしてみました。

こんな感じで、シエラのカタログには7つの食洗機が載っています。(2016.11現在)

シエラの各食洗機の主な違い

深型タイプ・浅型タイプの違い

深型タイプの方が、入る食器の数が多いです。

深型は44点(約6人分)、浅型はパナソニックなら40点(約5人分)、リンナイは35点と37点(約5人分)です。

そして、深型タイプの方が、より大きいお皿を入れて洗うことができます。

フル扉材・扉材・パネル材の違い

シエラ食洗機のフル扉材・扉材・パネル材の違い

↑ご覧の通り、見た目の美しさ&スッキリ感が異なります。

フル扉材>扉材>>>パネル材

という感じでしょうか。

一番左のフル扉材の場合、食洗機のスイッチはどこにあるの??って感じですね。そもそも食洗機に見えません。

また、フル扉材(左)と扉材(中央)は、キッチンと同じ高品質な扉材を使用しています。

それに対してパネル材(右)は、キッチンの扉とは異る素材で作られています。(その分価格が安くなります。)

↓以下は、シエラのカタログに載っているパネル材仕様の説明書きです。

シエラ食洗機のパネル材仕様とは

「同色の化粧パネル」とありますが、素材も仕上げも異なるので、見た目は少し異なります。

機能の違い

上の表では、簡単に「多機能」と「シンプル」で表記しましたが、具体的には以下のような違いがあります。

メーカー パナソニック リンナイ
機能 多機能 シンプル 多機能 シンプル
バイオパワー除菌
除菌スチーム
プラズマクラスター
ムービングラック
2段階構造ノズル
重層洗浄
静音設計
省エネ機能
予約タイマー
ソフト排気
乾燥キープ
低温洗浄

パナソニックの消音設計されている機種は、図書館内並の静けさである40dB以下だそうです。

食洗機部分のキャビネット(収納)の違い

これは、カタログの食洗機のページを見ただけでは、分からない違いになります。

シエラ 食器洗い乾燥機用キャビネット一覧

※リクシル シエラのカタログからの抜粋です。

↑このように、食洗機が深型浅型か、そして扉材(上の表ではロング扉と記載されています)かパネル材かによって、残りの収納部分の形が異なってきます。

上の表だけでは分かりにくいと思いますので、スライドストッカーのみをピックアップして、比較表を作ってみました↓

シエラ 食器洗い乾燥機用キャビネットの比較表

※↑この表はスライドストッカー(上段・中段・下段の3段式引出しタイプ)のみです。他に、トレーボードプラン(上段・下段の2段式引出しタイプ)と、開き扉と組み合わせる引出しプランがあります。

このように、深型か浅型か、また浅型の場合は、扉材(フル扉材含)かパネル材かどちらを選ぶかによって、キャビネットの選択肢が異なってきます。

ちなみに、奥行60cmのキッチンを選んだ場合、食洗機は必ず浅型・パネル材仕様となります。(参考記事:システムキッチン「シエラ」の標準奥行65cmと60cmの違い

カタログに載っていない食洗機も選べる?

リクシルのショールームに行ったときのことですが、ショールームのスタッフの方が、「お客様がお持ちのカタログには、一部の食洗機しか載っていないのですが、別の商品もございます。」って感じで、別メーカーの食洗機も選べることを教えてくれました。

実際、私がキッチンの検討をした時期にもらったカタログ(2015.3.20発行のシエラ)には、パナソニック三菱電機の食洗機が載っていました。

でも、2016年11月現在の最新カタログを見ると、パナソニックリンナイの2社になっています。

ということで、カタログに載っている食洗機が全てではないようです。メーカーや機能にこだわりがある方は、ショールームで質問してみた方がいいです。

でも、私の時は、まとまった一覧表を見せてくれるわけではなく、口頭だけの説明だったので、整理して比較・判断するのは難しかったです。

※おそらく・・・ですが、アレスタやリシェルにしか掲載されていない食洗機であっても、シエラで選ぶことができるのだと思います。気になる方は、他シリーズのカタログもチェックしてみて下さい。

まとめ

システムキッチンの食洗機なのに、こんなに選択肢があるのは意外ですよね。

  1. メーカー(パナソニックかリンナイ +三菱電機?)
  2. 容量(深型か浅型か)
  3. 扉のデザイン性(フル扉材or扉材orパネル材)
  4. 機能(除菌や省エネ、静音など)

この4点に注目して、食洗機を選ぶことになります。

食洗機の関連記事

以下は、食洗機選びに関連する記事です。

食洗機の深型v.s.浅型 トータルの価格差はどれくらい?
システムキッチンの食洗機、意外と選択肢が多くて、どれにしようか迷いますよね… 大は小を兼ねる…で考えれば、食洗機は深型を選んでおけば間...
私がリクシル食洗機で深型を選んだ理由
我が家では、システムキッチンはリクシルのシエラでリフォームしました。 そして、食洗機の深型v.s.浅型 トータルの価格差はどれくらい?...
価格差だけじゃない!あえて浅型食洗機を選ぶ理由とは?
浅型食洗機と深型食洗機について調べているうちに、価格の安さだけではなく、あえて浅型食洗機を選ぶ価値が存在することに気が付きました。せっかくな...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
スポンサーリンク